迫力の3画面&ボディソニック/ダライアス

DARIUS-1986年(タイトー)

タイトーの人気シューティングゲーム、

“ダライアス”の初代バージョンとなります

横に画面を3つ繋げた構成が 最大の特徴で、

このゲームを見たときは かなり驚きました

ダライアス タイトル画面
<ダライアス タイトル画面>

画面が3つあるため、専用の筐体でしかプレイできませんでした

巨大筐体のゲームはいろいろありましたが、

3Dタイプのシューティングゲームが多く、

普通の2Dゲームを こんな豪華なゲーム機(筐体)で

プレイできるのはお得感もありました

シートが 破壊音やドラム音に合わせて

振動するという仕組みもありました

<スポンサーリンク>


鏡を使って画面を連結

今の技術(液晶モニター)なら

画面を連結させるのは 可能かもしれませんが、

当時(1986年)は もちろんブラウン管

画面の端まで綺麗に表示できないブラウン管では

かなり知恵をしぼったのでは、

と思われる工夫があります

それは鏡を使って、映し出されたブラウン管と

本物のブラウン管を繋げてしまおうという

アイデア(技術)です

ダライアス ゲーム画面
<ダライアス ゲーム画面>

ただ、この技術はダライアスが初ではないそうです

それとブラウン管と特性といいますか、

つなぎ目は変形します

ダライアス つなぎ目のイメージ
<ダライアス つなぎ目のイメージ>

<スポンサーリンク>


シューティングゲームとしても一級品

現在、シューティングゲームといえば3Dタイプの

ゲームを差すことが多いのですが

当時は、

・横スクロール型(グラディウス、ダライアス、R-TYPE
・縦スクロール型(ゼビウス1942ドラゴンスピリット

のことを差してました

このタイプは流行でもありましたし、

結構なタイトルが出ました

その中でもダライアスは トップクラス(人気、実力共に)でした

3画面は大迫力

まず、キャラがでかい!

ボスはもちろん巨大なんですが、

途中のキャラも大きさが様々で

バラエティーに飛んでます

ゲームプレイは ほとんど右側で行ないます

というより、下がって(左側に)追い詰められると

大ピンチです

3画面あるといっても、全部を使うとなると

プレイヤーは相当苦労します

できるだけ前方で 敵キャラ出現時に

倒しておきたいです

二人プレイは超難関?

まあ、ゲームよっては多いのですが・・・

ダライアスはパワーカプセルを集めることにより、

自機を強化していきます

このパワーカプセルが一人プレイでも二人プレイでも

出現数が同じなのです

取り合いをすれば、ゲーム終盤でパワー不足・・・

ということが起きます

途中のレーザーは弱体化?

攻撃のパワーアップは

「ミサイル」 -> 「レーザー」 -> 「ウェーブ」

と進化していきます

ウェーブまで行ってしまえば、

エンディングは見えてくるのですが・・・

このレーザーの期間は、弱い期間でもあります

初期装備のミサイルと違って貫通性があり、

複数の敵にダメージを与えることが出来るのですが、

3画面分が長すぎ!

次の弾が出ない!

ゲームの敵は、ゲームのルールにあり!

<スポンサーリンク>


ダライアスの最後はどうなる?

全7面をこなしていく構成ですが、

26種類のゾーンがあり、分岐点でゾーンを

選択しながら進んでいきます

ダライアス-ゾーン構成
<ダライアス-ゾーン構成>

つまり1回のプレイでは 7ゾーンしか

通りません

そして、最後のゾーンは5種類あり、

5通りのエンディングがあります

Vゾーンを選んだ場合

Vゾーンのボスはカメですね

ダライアス-Vゾーン-ラスボス
<ダライアス-Vゾーン-ラスボス>

名前は STRONG SHELL

(ストロングシェル)

これを倒せばエンディングです

ダライアス-Vゾーン-エンディング
<ダライアス-Vゾーン-エンディング>

「MISSION COMPLETED
YOU DESTROYED ALL ENEMIES
AND WAR IS OVER
YOU ARE THE BRAVEST PILOT
SEE YOU AGAIN NEXT GAME」

だそうです

正規のエンディングっぽいですね

Wゾーンを選んだ場合

Wゾーンのボスはタツノオトシゴですね

ダライアス-Wゾーン-ラスボス
<ダライアス-Wゾーン-ラスボス>

名前は GREEN CORONATUS

(グリーンコロナタス)

これといった攻略法は見つからず、

画面をぐるぐる回って逃げるしかないかも

ダライアス-Wゾーン-エンディング
<ダライアス-Wゾーン-エンディング>

このエンディングはメッセージが無いので

絵から想像するしかないですね

敵を倒したが、地球も更地にされていた、

みたいな感じでしょうか

Xゾーンを選んだ場合

Xゾーンのボスはタコですね

ダライアス-Xゾーン-ラスボス
<ダライアス-Xゾーン-ラスボス>

名前は OCTOPUS、そのまんまです

こちらの攻撃で 足が減ってくるので、

だんだん楽になります

ダライアス-Xゾーン-エンディング
<ダライアス-Xゾーン-エンディング>

メッセージはないのですが、

巨大な空母(?)がやってきて、自機を

吸い上げて去っていきます

敵を撃破後、うまく味方と合流できた、

という意味でしょうか

Yゾーンを選んだ場合

Yゾーンのボスはイカですね

ダライアス-Yゾーン-ラスボス
<ダライアス-Yゾーン-ラスボス>

名前は CUTTLE FISH、イカの英訳です

タコと同様、足を減らしていけば

楽になっていきます

ダライアス-Yゾーン-エンディング
<ダライアス-Yゾーン-エンディング>

なんと文字だけです

しかも、Vゾーン(亀)と同じメッセージです

Zゾーンを選んだ場合

Zゾーンのボスはマッコウクジラですね

ダライアス-Zゾーン-ラスボス
<ダライアス-Zゾーン-ラスボス>

名前は GREAT THING(グレートシング)

かなりの難敵です

やはり “Z”が真のエンディングでしょうか

ダライアス-Zゾーン-エンディング
<ダライアス-Zゾーン-エンディング>

メッセージはなく、想像するしかないですね

未来の街(?)の上空を飛ぶだけです

地球は無事(無傷)だった、という意味かな

スタッフロールが またいい!

どのエンディングでも、すぐに

スタッフロールになります

横3画面いっぱいに使って、縦スクロールです

まるで映画!

音楽もハッピーエンドっぽいです

筐体がベンチシートなのも いいですね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>