なんと全方向スクロール!/ボスコニアン

ボスコニアン(BOSCONIAN) 1981年ナムコ

8方向レバーとボタン1つという

シンプルなシューティングゲームですが、

レバーを倒した方向に進む(スクロールしていく)

という画期的な仕組みでした

つまり8方向にスクロールが可能なわけです

と言っても、背景が宇宙(背景がない)ので

技術的にはそれほど高度でなかったかも知れません

ボタン1つは 敵を撃つショットなんですが、

前後に発射するおかげで、追尾されてる敵を

倒すことが可能です

<スポンサーリンク>


基地全滅でラウンドクリア

このゲームの面(ラウンド)クリア条件は

基地を全て破壊することです

レーダーで確認しよう!

画面右側の紫の部分がレーダーです

ボスコニアン-ゲーム画面
<ボスコニアン-ゲーム画面>

レーダーには

・自機
・基地
・その他 重要な敵

が表示されています

スクロールゲームなので、画面では確認できない

基地の位置を把握できるのは ありがたいです

移動できる領域の 上下、左右は繋がっています

遠回りしないようにしましょう

基地の倒し方は2通り

これがボスコニアンの敵基地です

ボスコニアン-基地
<ボスコニアン-基地>

基地は真ん中の赤い部分に当てることができれば

1発で破壊できます

ただ、当たる位置に合わせるのは簡単ではなく、

敵や弾がある状態では無理できません

しかもゲーム序盤は開いたままの赤部分ですが、

閉じたり開いたりもします

開いた瞬間、ミサイルのような敵が出てきます

もう一つの倒し方は、周りの丸い部分(6箇所)を

全て壊すことです

結構面倒ですが、ラウンドによっては

こちらのほうが安全に倒せるかも知れません

<スポンサーリンク>


このゲーム特有のデザイン(ルール)

撃ってやっつけるだけ、のゲームですが

いろいろ盛り上げる要素があります

コンディション制による難度変化

画面右側に「CONDITION」という欄があり、

Green、Yellow、Red の3種類に変化します

ボスコニアン-コンディション
<ボスコニアン-コンディション>

それぞれの色で、敵の攻撃状況がわかります

・Green - 敵は少なく速度もゆっくり
・Yellow - 敵は増えてきて要注意
・Red - 敵だらけ ほぼ回避不能

普段はGreenとYellowを繰り返すだけですが、

時々飛んでくる“スパイ機”を撃ち損じると

Red になってしまいます

ちなみにRedになった状態

ボスコニアン-コンディションRed
<ボスコニアン-コンディションRed>

これは逃げ切れない!

“スパイ機” は黄色いので すぐ発見できます

音声でも教えてくれるので必ず倒しましょう

ボスコニアン-スパイ出現
<ボスコニアン-スパイ出現>

音声によるプレイヤーへ助言(警告?)

当時としては珍しく、喋るゲームでした

といっても技術的には厳しくて モゴモゴした感じです

何を言ってるのか わかりませんでした

でも、

・Battle Stations(編隊機が接近)
・Spy Ship Sighted(スパイ機を見つけろ)

これぐらいは覚えることになります

敵が敵を撃つ?

今のゲームからすると意外な特徴です

敵本体と敵本体とでは 当たり判定がなく、

素通りします

しかし、

・敵の弾と敵
・背景物(岩や機雷)と敵

は、接触すると破壊されます

シューティングゲームにおける理不尽の一つが

解消されたでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>