“慣性”が付いたシューティング/エクセリオン

エクセリオン(EXERION) 1983年ジャレコ

縦型のシューティングゲームで、

スクロール型のゲームではありませんが、

自機に“慣性”が付いた動きをするのが特徴です

エクセリオン-ゲーム画面
<エクセリオン-ゲーム画面>

8方向レバーで自機の移動、

ボタン2つで2種類のショットを撃ちます

片方のショットは連射が効きますが

弾数に制限があります

<スポンサーリンク>


“超難関”?な自機操作

このゲーム最大の特徴の“慣性”のため、

自機を自由に動かすのは難しいです

敵の弾を避けるのに最初は苦労します

大きく避けよう

目の前に敵(もしくは敵の弾)があった場合、

避けるのは ほぼ不可能です

レバーを倒しても すぐには移動しないためです

敵とは常に距離を持つようにします

常に動いてる方が避けやすい?

これはなんとも言えませんが、

基本的には 動き回る方が攻撃を喰らいにくいと

思われます

しかし、移動先に敵がいれば全く避けれないですし

やはり敵との距離を取り続けることが重要です

<スポンサーリンク>


単純なパターンが延々と続く

これは残念な部分ですが、

奥の深いゲームではないように思えます

“慣性”による独自性はすばらしいものの、

シューティングゲームとしては 他にやり込む要素が

ありません

しばらく続けると、いろんな敵が・・・

蝶のような敵の後は、鳥のような敵です

エクセリオン-敵1
<エクセリオン-敵1>

その後は さらに大きな鳥の敵が現れます

エクセリオン-敵2
<エクセリオン-敵2>

この鳥が発射するミサイルは、一度下に撃った後

上に戻ってくるという動きをします

なんとボーナスステージ!?

大きな鳥攻撃が長く続いた後、

ボーナスステージがあります

エクセリオン-ボーナスステージ
<エクセリオン-ボーナスステージ>

“ボーナスチャレンジ”という名前ですね

ギャラガのように 敵が編隊を組んでやってくる

構成になっています

エクセリオン-ボーナスステージ-編隊
<エクセリオン-ボーナスステージ-編隊>

敵と自機との当たり判定はありません

思う存分撃つことができます

それにしても、ボーナスステージがあるとは

知りませんでした

これ、もっと早く出すべきでは ありませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>