固定画面の究極シューティング/ギャプラス

GAPLUS-1984年(ナムコ)

ギャラクシアン
ギャラガ

と続いた正統な続編です

しかし、先代、先々代と比べると

マイナーで短命だった気もしますが

時代も変わったせいでしょうか

操作は少し変わりました

8方向レバーになり、

前方への移動が可能になりました

<スポンサーリンク>


ギャラガから進化?

見た目がスマートな感じになりましたが、

内容も変わっています

今度は敵を味方に!

ギャラガでは自前の自機と合体して

強力なパワーアップをしましたが、

ギャプラスでは敵を捕まえて、

自機の横に並べることができます

ギャプラス-敵を捕まえる
<ギャプラス-敵を捕まえる>

ギャプラス-捕まえた敵を味方に
<ギャプラス-捕まえた敵を味方に>

チャレンジングステージはお手玉?

ギャラガのチャレンジングステージでは

敵撃ち放題のステージでしたが、

ギャプラスでは お手玉のようなステージです

飛んでくる敵を撃つと、上に跳ね上がります

ギャプラス-チャレンジングステージ1
<ギャプラス-チャレンジングステージ1>

その敵はまた落ちてくるので 撃ち上げます

ギャプラス-チャレンジングステージ2
<ギャプラス-チャレンジングステージ2>

これを繰り返すと点数が伸びていきます

だんだん速くなるので 難しくなっていきます

<スポンサーリンク>


隠し技(?)で攻略

ギャプラスは単純なシューティングですが

意外と細かいルール(設定)があります

スペフラ表を片手にプレイ

このゲームはスペシャルフラッグが出現します

ゼビウスにもあった1機増えるという

隠しキャラです

このスペシャルフラッグには規則性があり、

点数の100の位と PARSEC(面数)によって

出現位置が決まっています

最初の面では、0点のときに左から2番目です


<ギャプラス-スペシャルフラッグ>

当時は、スペフラ表なるものを見ながら

プレイする人もいました

もしかして、ギャプラスはこのせいで短命だった?

スペシャルフラッグは・・・

ナムコの看板キャラです

ゼビウスが最初のように思えますが、
実はラリーXで登場したのが 初登場です

ラリーXでは、“スペシャルチェックポイント”
という名前で、点数が倍になるという
隠しキャラではなく、通常のキャラでした

3連射に変身

ゲーム序盤で自機を3連射(通常は2連射)に

変身するワザがあります

・ PARSEC 1(1面目)で、敵を撃たずに

編隊を組むまで待ちます

・ 最前列の左から2番目を撃ち、スペシャルフラッグを

出現させます

・ ボス(クイーンギャプラス)が飛んできたら

体当たりをします

これで1機失いますが、3連射になります


<ギャプラス-3連射になる>

ワザと自滅するって、勇気がいりますよね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>