これもシリーズ続編/ギャラガ’88

Galaga ’88-1987年(ナムコ)

ナムコの看板シューティングのシリーズです

ギャラクシアン
ギャラガ
ギャプラス

に続く続編となるわけですが、

何となく“ギャプラス”がなかったことに

なってる気もします

ゲーム内容もギャラガの進化型になっています

<スポンサーリンク>


ギャラガからの進化は・・・

本当にギャプラスは考えられていません

ギャプラスで8方向移動に進化しましたが、

左右2方向に戻りました

今度は3機合体!

ゲームスタート時に

・ シングルファイター
・ デュアルファイター(すでに2機合体)

のどちらかを選べます

ギャラガ'88-SELECT-MODE
<ギャラガ’88-SELECT-MODE>

デュアルファイター状態から、ギャラガのように

1) 連れ去られて
2) 取り戻す

を無事に行うと“トリプルファイター”になります

まずは 連れ去られて・・・

ギャラガ'88-合体手順1
<ギャラガ’88-合体手順1>

連れ去った張本人を(飛行中に)撃つ

ギャラガ'88-合体手順2
<ギャラガ’88-合体手順2>

これでトリプルファイターに!

ギャラガ'88-トリプルファイター
<ギャラガ’88-トリプルファイター>

自機の幅がデュアルとかわらないので

かなりお得です

チャレンジングステージは変わらず

ギャラガ’88では“ギャラクティック・ダンシング”

という名前に変わりましたが、

内容はギャラガのチャレンジングステージと

あまり変わりません

ギャラガ'88-ギャラクティック・ダンシング
<ギャラガ’88-ギャラクティック・ダンシング>

縦スクロール面も

これも新たに追加された演出

ギャラガでスクロールという違和感が新鮮ですが、

左右にしか移動できないのは不便を感じます

ギャラガ'88-縦スクロールステージ
<ギャラガ’88-縦スクロールステージ>

<スポンサーリンク>


ステージとディメンション

ステージはいわゆる“面”ですが、

新たに “ディメンション”が追加されました

全ステージクリアでエンディング!

延々と続く 今までのシリーズとは違い、

29ステージで終了

そしてエンディングになります

新システム・ディメンションワープ

クリアしていく度にステージが進んでいくのは

他のシリーズと同じですが、

ディメンションワープを行うことがあり、

次のディメンションに進みます

つまりステージとは別に

ディメンションという概念があります

ギャラガ’88-ディメンジョン
<ギャラガ’88-ディメンジョン>

これはディメンションワープを一度も使わず

最終面に向かったときのものです

ディメンションを進めると難度が上がりますが

それぞれ別のエンディングが見れるということも!

がんばってみましょう

<スポンサーリンク>


ギャラガ’88 の最後は?

とりあえず29面まで行ってみました

最終面はラスボス戦

ボス戦ですが、ザコ敵もどんどん出てきます

ギャラガ’88-ステージ29
<ギャラガ’88-ステージ29>

終盤ステージの難しさからすると、

最終面は それほど苦労はしないでしょう

そしてエンディングへ

ギャラガ’88-エンディング
<ギャラガ’88-エンディング>

– 全文です –

「ENDING MESSAGE NO.1」

「7 YEARS HAS PAST,
THE REVIVED GALAGA FORCE
ACQUIRED UNBELIEVABLE POWER
AND STOOD BEFORE ONCE AGAIN.」

「FIGHTING WITH
ALL YOUR MIGHT,
YOU HAVE FINALLY ENTERED
INTO PLANET GALAGA ITSELF
AND SUCCEEDED TO DEFEAT
THE ENEMY’S BIG BOSS.」

「BUT HAS PLANET GALAGA
REALLY BEEN DEMOLISHED ?
SOME DAY, THEY MIGHT COME
BACK FROM THE DARK SPACE
TO STRIKE US AGAIN.」

「I CANNOT STOP
THINKING ABOUT IT.」

グーグル翻訳してみると

「エンディングメッセージNO.1」

「7年が経ちました
復活したガラガ軍は信じられないほどの力を
獲得し、再び前に立ちました。」

「全力で戦い、
あなたはついに惑星ガラガ自体に侵入し、
敵の大ボスを倒すことに成功しました。」

「しかし、惑星ガラガは本当に
破壊されたのでしょうか?
いつか、彼らは私たちを再び襲うために
暗い空間から戻ってくるかもしれません。」

「私はそれについて考えることを
やめることはできません。」

となりました

どうやら正統なエンディングでは

ないようですね

やはり、最奥のディメンジョンへ

移動しなければ ならないのでしょね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>