ソ連発祥、落ち物系の先駆け/テトリス(AC)

TETRIS-1988年(セガ)

ジャンルは アクションパズル、といったところ

ブームにもなったおかげで、後にこの手の

類似ゲームもかなり出てきました

テトリス自体も パソコンやコンシューマ機で

かなり多く発売されました

テトリスAC-ゲーム画面
<テトリスAC-ゲーム画面>

操作は4方向レバー(3方向?)とボタン1つ

レバーはブロックの移動で ボタンは回転

<スポンサーリンク>


テトリスの基本

横一列を揃えると消去、というルールですが

失敗するとどんどん上に積もっていきます

次のブロックも考慮しよう

次に出てくるブロックがわかっていれば

今置くブロックの場所は 変わってくるでしょう

テトリスAC-次のブロック
<テトリスAC-次のブロック>

下層から埋める必要はない

下から詰めると 上方に積み上がらないので

「どうしても下から」に思いがちですが、

それには囚われないほうが いいです

テトリスAC-上方から消す
<テトリスAC-上方から消す>

必殺?回転入れ

ちょっとした小技です

テトリスAC-回転入れ
<テトリスAC-回転入れ>

タイミングよくボタンを押し、入りそうにない所へ

入り込みます

回転パターンを把握していないと使えません

<スポンサーリンク>


アーケード版の特徴

アーケード版が登場したときは

「こんなのゲーセンでやらなくても・・・」

とも思いましたが、実際はかなり人気でした

操作がパソコン版と違う!

パソコン版では、

・レバーの下方向が回転
・ボタンが下へ直行

となっているため、先にプレイしたほうに

手が動く(慣れている)ので かなりストレスに

しかし、アーケード版のほうが 後のゲームには

一般化されているので、パソコン版のほうが亜流に?

アーケード版は超高速

他版でも どんどん速くなる仕様もあるのですが、

アーケード版は とんでもなく速いです

ただ、着地してから若干動かせるので

なんとか切り抜けられます

テトリスAC-超高速
<テトリスAC-超高速>

真ん中を積んで左右を開けるのがコツです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>