慣性のついたヘリで捕虜を救出/チョップリフターAC

Choplifter-1985年(セガ)

自機がヘリコプターのシューティングゲーム

オリジナルはApple II版で 1982年に発売され、

多くのパソコンに移植されています

ファミコン版も1986年に発売されています

チョップリフターAC-ゲーム画面
<チョップリフターAC-ゲーム画面>

カラフルな画面でちょっと違和感

もともとは 単色のゲームでした

操作は移動用の4方向レバーと、ボタン2つ

ボタンはショットの発射と 自機の向きを変更

自機の向きが自在なので、

後ろ向きに飛んだりもします

<スポンサーリンク>


ヘリコプターを忠実に再現

と言っても、(昔の)シューティングゲームの

レベル内での話です

ホバリングで敵を攻撃

通常のシューティングにはない要素かも

自機の動きに慣性があるので、

速く移動したり ゆっくり移動したりできます

ゆっくり移動で 敵の頭上から集中弾を

浴びせられます

慣性のせいで操作“難”?

すぐに向きを変えることができず、

惰性でかなり動きます

敵の弾は速すぎるので、これはどっちみち

避けられないですが、

壁に激突するのは要注意です

捕虜を助けるゲーム

敵を倒すこと自体は クリアの条件ではありません

捕虜を自機に乗せ、自陣に送り届けることが

このゲームの目的です

まずは、捕虜のいる建物を壊します

すると、人が出てくるので 自機を着陸させます

チョップリフターAC-捕虜救出1
<チョップリフターAC-捕虜救出1>

人が勝手に どんどん乗ってきます

次に自陣に戻り、再び着陸します

チョップリフターAC-捕虜救出2
<チョップリフターAC-捕虜救出2>

今度は出て行きます

これで捕虜を救出したことになります

<スポンサーリンク>


チョップリフターACの構成

ステージが 4種しかありません

チョップリフターでは面数を “ミッション”と

数えるようです

最初は砂漠の面です

チョップリフターAC-ミッション1
<チョップリフターAC-ミッション1>

最初っから 結構な難度です

しかし、この後のミッションに比べると

入門レベルだとわかります

ミッション2は “海”

捕虜がどこにいるのか わかりにくいです

チョップリフターAC-ミッション2
<チョップリフターAC-ミッション2>

捕虜は 巨大な船の甲板にいたり、

海の上だったりもします

ミッション3は “洞窟”

この洞窟は やっかいです

チョップリフターAC-ミッション3
<チョップリフターAC-ミッション3>

狭くて 壁に激突しやすいです

その上 火の玉が飛んでいて 行く手を阻みます

今までに有効だった 「敵を倒せば楽になる」

ということがなくなります

ミッション4は “摩天楼”

チョップリフターAC-ミッション4
<チョップリフターAC-ミッション4>

高いビルが邪魔なので、ミッション3に似てる

かも知れません

敵の攻撃がキツいので、

これを看破する必要があります

このあと ミッション5になりますが、

再び砂漠面に戻ります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>