アーケード版もあるぞ!/VS.アイスクライマー

Vs.Ice Climber-1985年(任天堂)

縦スクロール型のアクションゲーム

プレイヤーはエスキモー

上方向にジャンプで登って行き、

最上部に到達するとクリア、というゲーム

ファミコン版のほうが有名ですが、

今回はアーケード版をやってみます

VS.アイスクライマー-ゲーム画面
<VS.アイスクライマー-ゲーム画面>

操作は左右移動の 2方向レバーと ボタン2つ

ボタンは 攻撃用ハンマーとジャンプ

<スポンサーリンク>


VS.アイスクライマーのゲームデザイン

基本的にはファミコン版と同じですね

最上部まで登らなくてもクリア?

(約)10段目まで登ると ボーナスステージとなり、

落っこちたり、タイムオーバーになっても

ステージクリアとなります

VS.アイスクライマー-ボーナスステージ
<VS.アイスクライマー-ボーナスステージ>

最上部まで登り、コンドルにつかまると

ボーナスステージもクリアとなります

VS.アイスクライマー-完全クリア
<VS.アイスクライマー-完全クリア>

動く雲、ベルトコンベアなど

プレイヤーを邪魔してくるキャラもいますが、

地面もやっかいな敵とも言えます

VS.アイスクライマー-ベルトコンベア
<VS.アイスクライマー-ベルトコンベア>

このベルトコンベアの場合、右へ流れていきます

ですので 左へ移動し続ける必要があります

アイスクライマーの2プレイはあり?

ゲームによって二人プレイは 楽だったり、

邪魔だったりします

アイスクライマーは1人が先に登って

スクロールしてしまうと、

もう1人は自動アウトとなります

同じぐらいの実力なら、協力して敵を倒す

というスタイルも可能ですが、

基本的には味方が邪魔なゲームです

2プレイは対戦?

協力プレイをしないなら、

“対戦”という遊び方があります

ファミコン版では、

このプレイスタイルだった人が多いのでは?

<スポンサーリンク>


VS.アイスクライマーの最後は?

エンディングなどはなく、延々と続くタイプのようです

面セレクトでは24面まで?

ゲーム開始時にプレイする面を選びます

(面は “MOUNTAIN”と表記されてます)

VS.アイスクライマー-面セレクト1
<VS.アイスクライマー-面セレクト1>

クリアした面はキャラクターで埋められます

実は全48面

8面(8面分)クリアするとセレクト画面が変わります

VS.アイスクライマー-面セレクト2
<VS.アイスクライマー-面セレクト2>

どれを選んで高難度です

一応、最終48面に行ってみました

VS.アイスクライマー-48面
<VS.アイスクライマー-48面>

クリアしてみましたが、特に何もなし

ここまでくると本来のゲームバランスが

崩れている感もあります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>