時間内にゴールへ!スケボーあり/メトロクロス

アーケードゲーム

METRO-CROSS 1985年(ナムコ)

 

横スクロール型のアクションゲームで

プレイヤーはヘルメットをかぶった人間

 

決められた時間内にゴールにたどり着けば

クリアというゲームです

 

メトロクロス-ゲーム画面
<メトロクロス-ゲーム画面>

 

操作は 8方向レバーと ジャンプ用のボタン1つ

 

レバーは、左右が前後移動のようですが

実際は速度調整です

 

上下がレーンの移動用なので、実質2方向移動

 

いろんな障害物があり、

ぶつかるとタイムロスになります

 

死ぬことはないので何度でもぶつかれますが、

タイムアウトになる可能性大

 

1度タイムアウトになるとゲームオーバー

なので1機制ともいえます

 

メトロクロス-攻略アイテム

 

コースに置かれているのは障害物だけ

ではありません

 

プレイヤーに有利なアイテムもあります

 

スケボーに乗って楽々スイスイ

 

途中に置いてあるスケボーに接触すると、

勝手に乗ります

 

メトロクロス-スケボー
<メトロクロス-スケボー>

 

緑色の床は、プレイヤーが遅くなるので

通常は乗りませんが、

スケボーなら遅くなりません

 

その上、走るのが速いのでかなり有利です

 

障害物に接触するまで有効です

(ただし、ジャンプができなくなります)

 

ジャンプ台

 

黄色のジャンプ台の上でジャンプを押すと

かなり遠くへ飛びます

 

メトロクロス-ジャンプ台
<メトロクロス-ジャンプ台>

 

吹っ飛ばされてるように見えますが、

これで正常なジャンプです

 

障害物も跳び越せる上、スピードも速いです

 

ただ、画面スクロールも速いので

次のジャンプ台の位置が掴みにくいです

 

高等テクニック-レーンの隙間

 

パズルゲームのように色分けされたブロックで

区切られているようですが、プレイヤーの

移動はブロック単位ではありません

 

メトロクロス-テクニック
<メトロクロス-テクニック>

 

画面のように、ブロックのちょうど間に入れば

左右どちらの障害物に触れないという

安全地帯になります

 

メトロクロスの最後はどうなる

 

全32ラウンド、終わりのあるゲームです

 

メトロクロスのラウンド構成は、

4ラウンドごとに区切られていて

各4ラウンド目は、前3ラウンドの残りタイム

が加算された状態でスタートします

 

つまり、制限時間ギリギリでクリアしてると

4ラウンド目がクリア不可となってしまいます

 

最終面、ラウンド32

 

ほとんど何もない面です

 

前3ラウンドの残りタイムだけが

勝負と言っても過言はないでしょう

 

ゴール手前だけ 大きな障害物があります

 

メトロクロス-ラウンド32
<メトロクロス-ラウンド32>

 

ここは大ジャンプで飛び越えます

 

そしてエンディングへ

 

簡単な画面1つだけでした

 

メトロクロス-エンディング
<メトロクロス-エンディング>

 

タイトル画面のロゴ、そのまま流用ですね

 

-全文です-

「CONGRATULATIONS!
THE WHOLE DISTANCE OF
THE
MERTO-CROSS

HAS RUN
THANK YOU FOR YOUR RUNNING.」

 

これで終わりです

 

2周目はありませんでした

コメント

タイトルとURLをコピーしました