トラックボールで竜を操作/サイバリオン

SYVALION-1988年(タイトー)

全方向スクロール型のアクションゲーム

プレイヤーは竜(ドラゴン)型の兵器で、

この兵器の名前がサイバリオン

コントローラーにトラックボールを使う所が

特徴であり、ゲームの難しさでもある

サイバリオン-ゲーム画面
<サイバリオン-ゲーム画面>

操作はトラックボールとボタン1つ

ボタンは炎を吹き 敵を攻撃できるが、

射程距離は短く 撃ち続けてるとさらに短くなる

<スポンサーリンク>


サイバリオンはマルチシナリオ

ゲームの進行状況でシナリオが変化します

そして結末(エンディング)は約100通り

あります

ヘタクソプレイで進めてみました

コンティニューしまくりでやりました

開始前にストーリーの説明されます

サイバリオン-チャプター1
<サイバリオン-チャプター1>

私は長い宇宙の旅を終えようとしていた。
が、途中、自動操縦系統のメカが原因不明の
故障を起こし、気付かぬうちに私は見知らぬ

怪惑星へと漂着していた!! その後メカ系統は
その機能を回復! 怪惑星を探索するうち私は
一つの驚くべき事実にぶち当たった!! この星

は地球侵略を計画している!!…彼等の野望を打
ち崩す為、私は一人戦いを挑んだのである!!

《急げ!地球を危機から救うのだ!! 》

- サイバリオン-チャプター2 -

船内の食料も底をついた! 私は敵の食料保存
室より得体の知れぬ肉片を発見、焼いて食う
事にした…。

何の肉かは知らないが空腹には勝てず、一口
、口に運ぶと…たまらなく、うまい!!
急に力がわいてきた!!

プレーヤーの精神エネルギーが直接、サイバ
リオンに作用し、火力蓄積度が倍増した!!

《大チャンス!!炎で敵を焼きつくせ!! 》

- サイバリオン-チャプター3 -

かなり敵をのがしてしまった…。戦いも
一段落し、船外に出ると、急にくらげ状の
怪生物が飛びついてきた!!

逃がした敵が、退却時に落下させたものだ!!
私はすぐに、着ていたものをぬぎ、付着物を
レーザーで焼き殺した!! 吸血アメーバだ!

あとかたもなく消えたかにみえた、アメーバ
だったが、実は…!! まだ生きてたのだった!!

《気付かずにいる私に危機が迫る!! 》

- サイバリオン-チャプター4 -

「うわぁっ!!」私の肩に激痛が走った!!
先程殺したはずの吸血アメーバが、私の体に
へばりついているではないか!!

私は手でそれをはがし取ると、船外へ思いき
り投げ飛ばした!! 多量の血がぼたぼたと
流れ落ちる…!! 実はこの吸血アメーバは、

地球侵略の真の目的と深い関係があるのだが
私はまだその事に気付いてすらいなかった…

《謎を追え!! ただしダメージに注意し進め 》

- サイバリオン-チャプター5 -

敵から受けたダメージにより、船体に亀裂が
生じた!! 亀裂より吸血アメーバの大群が侵入
、私の体に何重にもくらいついたのだ!!

「うわぁーっ!! 助けてくれっ!!」 …船内の
モニターに異星人が映し出された! 「ふふふ
、どうだね?生き血を吸われる思いは?!…

我々は人間の生き血をこうして集める事で、
永遠の命を得る事が出来るのだよ…ふふふ」

《意識が薄らぐ…が、戦わねば!! 急ぐのだ 》

<スポンサーリンク>


サイバリオンの最後は?

チャプター5で終わりのようです

( チャプター = “面” )

ラスボスは人型?

ラスボスというよりチャプター5のボスです

サイバリオン-チャプター5ボス戦
<サイバリオン-チャプター5ボス戦>

シナリオ次第で、ボスも変わるかも知れません

そしてエンディングへ

今回はバッドエンドのようでした

サイバリオン-エンディング091
<サイバリオン-エンディング091>

エンディング No.091

敵基地は、巨大メカ全滅とともに大炎上した
!!ついに敵を滅ぼし、地球に平和をもたらす
事が出来たのだ!! だが、戦いに時間をかけ過
ぎた様だった…先程生き血をかなり吸われた
為、私はサイバリオン内部で完全に意識を
失っていた!! もっと急いでいれば…!! だが
すでに遅かった!! 敵基地から上がった火の手
がサイバリオンにも移ったのだ!! 地球の平和
と引きかえに私は犠牲…となったのである。

この後、スタッフ紹介と敵キャラ紹介が

(同時に)始まります

サイバリオン-スタッフ紹介
<サイバリオン-スタッフ紹介>

そして最後にメッセージが・・・

◎GAME OVER
このゲームは、プレイするたび、腕前に応じ
コース、敵ボス、ストーリー、BGM等が
次々かわる、ニューコンセプトゲームです!

さらに高得点を目指し、新たなる冒険の旅
へとチャレンジしてください!!

だそうです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>