SNK版ストII(格ゲー)/餓狼伝説 宿命の戦い

Fatal Fury-1991年(SNK)

2Dタイプの格闘ゲーム

カプコンのストリートファイターIIと双璧な

存在とされてるが、本作の一般知名度は

ストIIには及ばない(と思う)

(登場年は同じ1991年)

餓狼伝説-ゲーム画面
<餓狼伝説-ゲーム画面>

操作は 8方向レバーと ボタン3つ

ボタンは パンチ・キック・投げ として使用

<スポンサーリンク>


ストIIとは違うぞ!餓狼伝説

同じ時期に出た2つの格闘ゲーム

登場時点では 格闘ゲームブーム前

ということもあり、

それぞれ個性がありました

餓狼伝説には女性キャラがない?

「あれ、不知火舞(しらぬい まい)は?」

と思われるかも知れませんが、彼女は

餓狼伝説2からの登場となります

餓狼伝説2-不知火舞
<餓狼伝説2-不知火舞>

今となっては、これが痛かったのかも

ストIIが 春麗(チュンリー)のおかげで

ヒットしたわけではありませんが、

売れるモノはこういった所に抜かりないです

選べるキャラは少ない?

プレイヤーは

・ テリー・ボガード
・ アンディ・ボガード
・ 東丈

の3人から選んで始めます

ストIIのような奇怪なキャラはいませんね

ゲーム進行がストーリー的

ストIIがキャラクターに応じた

マルチエンディングになっているのに対し、

本作では ラウンドクリアの度に

ストーリーが進みます

・ ラウンド1 クリア

餓狼伝説2-ラウンド1クリア後
<餓狼伝説2-ラウンド1クリア後>

「あいつ、なかなか強そうだな。」

・ ラウンド2 クリア

「あの若僧、調子が良さそうだな!
しかし次の試合で終わりだぞ!!」

・ ラウンド3 クリア

「・・・おいっ!奴に関する資料を
集めろ!!」

・ ラウンド4 クリア

「テリー・ボ、ボガードだと!?
ボガードに息子がいたのか!!」

・ ラウンド5 クリア

「むむむっ、次は誰と戦うのだ!」

「はっ、ライデンです。」

「絶対に負けは許さんぞ!!」

「ハイッ!!」

・ ラウンド6 クリア

「んんんんんー、許るさーん!!
私の遊びの邪魔をしおって!!」
「10年前のお前の父親と同じ様に
地獄へ叩き落としてやるぞ!!」

という感じで進みます

テリー・ボガードを選んでプレイしてる

ので、このセリフなんですね

<スポンサーリンク>


餓狼伝説の最後は

どこで終わるかは分かりにくくなっています

最後の敵、と思いきや・・・

ファイナルラウンドと言ったのに・・・

7面目の開始時に、

餓狼伝説-ラウンド7
<餓狼伝説-ラウンド7>

“THE FINAL ROUND” としっかり

書いてあるのに、最終面ではありません

たしかに このキャラは強いです

エンディング!、と思わせて・・・

7面を勝利すると、

餓狼伝説-ラウンド7クリア1
<餓狼伝説-ラウンド7クリア1>

「やった!! ついにやったぞ!
俺は優勝したんだ!ながかった戦い
も、これで終わったんだぁ!!」

・・・ちょっとワザとらしい気もしますが

餓狼伝説-ラウンド7クリア2
<餓狼伝説-ラウンド7クリア2>

「若僧!ギース様が、お前をおよび
だ!私達と一緒に来てもらうぞ!」

「なにっ!ギースだとぉー!?」
「うっ・・・。」

餓狼伝説-ラウンド7クリア3
<餓狼伝説-ラウンド7クリア3>

「んー・・・・ギ、ギース!!!」

「よくも私の遊びの邪魔をしてくれ
たな!」

「くっそー!!探したぜ、親父の仇
今ここで取ってやる!」

「小生意気な奴め!では1対1の殺
し合いでケリをつけよう。まぁ、私
が負けるわけないがなぁ。」

実質ラウンド8 が始まります

ギースとの戦いが最後のようです

餓狼伝説-ラウンド8
<餓狼伝説-ラウンド8>

めちゃくちゃ強いです

離れてると飛び道具、

近付くと投げられる、と

滅多打ちに会います

こちらの攻撃が当たる間合いに飛び込んで

打ち合いに持ち込むしかありません

(たぶん攻略法はあるでしょうね)

そしてエンディングへ

これでやっと終わりです

勝負に勝ったのに、ギースを思いっきり

蹴り飛ばすシーンがあります

すると、ギースは高層ビルから落下します

餓狼伝説-エンディング1
<餓狼伝説-エンディング1>

これはヒドい

しかも真っ黒の画面になって、

「2019年7月4日ギース・
ハワード高層ビルから転落、3時間
後病院で死亡。」

と表示されます

怖すぎです

(NEOGEOに時刻設定があるのかな)

餓狼伝説-エンディング2
<餓狼伝説-エンディング2>

「新たなる伝説の序章へ・・・」

この後 スタッフロールになり、

キャラクター紹介があります

そしてゲームオーバーです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>