春日野さくら投入/ストリートファイターZERO2

アーケードゲーム

Street Fighter ZERO2-1996年(カプコン)

海外名:Street Fighter ALPHA2

 

2D型の格闘ゲーム

 

同社、ストリートファイターII の続編の一つ

 

ストリートファイターZERO2-ゲーム画面
<ストリートファイターZERO2-ゲーム画面>

 

操作は 8方向レバーとボタン 6つ

 

ボタンは パンチとキックが それぞれ 弱・中・強

 

まだまだ人気のストIIシリーズ

 

本作のタイトルでは “II”が取れてしまってます

 

おそらく、ストIIIが出る予定だったので

中間的(外伝?)ポジションだったのだと思います

 

ストZEROは 未だに2D?

 

1993年、バーチャファイター(セガ)
1994年、鉄拳(ナムコ)

の登場で、格闘ゲームの主流は 3Dへ

移っていきます (ストZERO2は1996年)

 

しかし、格闘ゲームの先駆者であったカプコンは

乗り遅れたのか、意図的に 2Dにこだわったのか

本作も 2Dゲームです

 

しかも、よりアニメっぽい絵柄になり

これはこれでファンの要望に答えた結果かも

 

春日野さくら投入で人気確保?

 

初代ストIIでは、“春麗”の人気が高かったためか

他メーカーの格ゲーにも 女性(萌え)キャラが

採用されています

 

で、本作で追加されたのが “春日野さくら”

 

ストリートファイターZERO2-春日野さくら
<ストリートファイターZERO2-春日野さくら>

 

女子高生がセーラー服のままストリート

ファイトに参戦し、下にブルマを穿いている、

という やりすぎた感が高いキャラです

 

ストZERO2の最後は?(さくら編)

 

春日野さくらで最後までやってみました

 

ラスボスはリュウ?

 

対戦前に会話があります

 

ストリートファイターZERO2-LASTFIGHT1
<ストリートファイターZERO2-LASTFIGHT1>

 

「へへ、ずいぶん探したよ!
やっと追いついた!」

「?君は・・・・?」

「あなたが戦っているトコ見て・・・・
ストリートファイトってのに、
ハマッちゃったみたい!」

「必殺技も練習したんだ!
ね、あたしと勝負してよ!
けっこうイケてると思うからさ!」

 

ここから対戦に戻ります

 

結構強敵ですがなんとか撃破しました

 

ストリートファイターZERO2-LASTFIGHT1CLR
<ストリートファイターZERO2-LASTFIGHTクリア>

 

そしてエンディングへ

 

 

ストリートファイターZERO2-エンディング1
<ストリートファイターZERO2-エンディング1>

 

「あの・・・・待って!」

「あたし、もっと強くなりたい。
いろんな技をおぼえたい・・・だから、」

「おねがい! あたしに技を教えて!
『師匠』になってくださいっ!!」

「・・・俺は修行中の身。
人にものを教えるガラじゃないよ」

「きみはもっと強くなれる。
自分の力だけで・・・・。」

「俺はもう行くよ・・・」

「じゃっ・・・じゃあ、せめて記念に!」

 

さくらは持っていたカメラ(デジカメ?)で

リュウの写真を撮ります

 

後日(?)、パスケースに写真を入れています

 

「・・・・・・あのひと・・・・きっと
本気じゃなかったナ・・・・」

「(あたしに、何をいいたかったのかな)」

「(・・・・おもしろそうだから始めたけど
ストリートファイトって、何だろう?)」

「(闘うって・・・・何だろう?)」

「(もう一度、あの人に会わなきゃ・・・・
会って、確かめなきゃ!)」

 

「おっはよー、さくら!
・・・・? だぁれ? その人・・・・」

 

ストリートファイターZERO2-エンディング2
<ストリートファイターZERO2-エンディング2>

 

「あたしの・・・・『心の師匠』・・・・かな?」

「へっ!?・・・・」

「ちょっと・・・・何よ、それ!」

「はやくしないと、遅刻だよっ!」

「待ってよぉ、さくらぁ!」

 

ストリートファイターZERO2-エンディング3
<ストリートファイターZERO2-エンディング3>

 

「(よぉーし・・・・今日から、特訓だっ!!)」

 

この後、スタッフロールになります

 

これで完全終了です

 

ストZERO2の最後は?(ベガ編)

 

プレイヤーセレクトでは 18人から

選べるのですが、なんとベガも選べたので

これで最後まで行ってみました

 

ストリートファイターZERO2-プレイヤーセレクト
<ストリートファイターZERO2-プレイヤーセレクト>

 

最後はやっぱり“リュウ”

 

闘う前の会話です

 

ストリートファイターZERO2-LASTFIGHT2
<ストリートファイターZERO2-LASTFIGHT2>

 

「ほほう・・・・こいつは素晴らしい!
今までのどの素体より
優れた力を秘めておる・・・・!」

「!?何だ、あんたは?」

「喜べ、リュウ! このベガ様が、
おまえの持っている「力」、
すべて引き出してやるぞ!!」

「あやしいヤツだ・・・
勝負するつもりなら、受けて立つ!」

 

これで対戦に戻ります

 

たとえベガでプレイしてても、最後は強敵です

 

そしてエンディングへ

 

悪役でプレイしたせいで、結構ヒドい結末です

 

ストリートファイターZERO2-エンディング4
<ストリートファイターZERO2-エンディング4>

 

「フハハハハッ!!」

「リュウよ!! 強くなりたいと
いうキサマの願い・・・・」

「このベガ様が叶えてやるワ!!
フハハハハ!!」

 

場面が変わります

 

「シャドルー本部・研究所・・・・」

 

「どうだ? リュウの様子は?」

 

ストリートファイターZERO2-エンディング5
<ストリートファイターZERO2-エンディング5>

 

「は・・・・この男、なかなかに
しぶとうございます」

「ベガ様のサイコパワーにこれだけ
耐えた者は、今までにおりません」

「フ・・・・さすがはリュウ。
楽しませてくれるワ!」

「だが、やせガマンも時間の問題よ。
私のパワーに勝てる者などおらぬ」

「もうすぐヤツは、最強の
ファイターとして生まれかわるのだ」

「このベガ様の右腕としてな・・・・!!」

 

また場面が変わり、

リュウが椅子に固定されてます

 

「(・・・グウウウ・・・!!)」

 

ストリートファイターZERO2-エンディング6
<ストリートファイターZERO2-エンディング6>

 

「恐ろしいまでのパワーを全身に
注ぎ込まれ、苦しむリュウ。」

「しかし、彼の心は抵抗を続けていた。」

「己の力だけを信じる、格闘家としての
信念が勝つか・・・・」

「それとも、リュウ自身も知らない
もうひとつの「力」が目覚めるか・・・・」

「その答えは・・・・!?」

 

ここで終わり、スタッフロールに移ります

 

リュウが敵側になったかどうかは

ハッキリしませんでしたが、

ベガを勝たせたことによって

大変な展開になりましたね

コメント

タイトルとURLをコピーしました