格闘ゲーム/ヴァンパイア The Night Warriors

Darkstalkers(VAMPIRE)-1994年(カプコン)

2Dグラフィックの格闘ゲーム

このジャンルの先駆者であるカプコンが、

ストリートファイターII 以外のシリーズで発売

登場キャラが人間ではなく、空想上のモンスター

であることが大きな特徴

世界中のモンスター同士が闘うことになる

ヴァンパイア-ゲーム画面
<ヴァンパイア-ゲーム画面>

操作は ストIIと同様、8方向レバーと 6ボタン

<スポンサーリンク>


キャラが個性的、ヴァンパイア

人間ではないので 見た目も個性的ですが、

攻撃方法も独特です

3Dグラフィックのバーチャファイター

鉄拳では 不可解な攻撃を排除したのに対し、

ヴァンパイアでは とことん“空想”に

こだわったのでしょうね

まずはプレイヤーをセレクト

10体のキャラクターからプレイヤーを選びます

ヴァンパイア-セレクト画面
<ヴァンパイア-セレクト画面>

いろんな国のモンスターたちです

・ バンパイア - デミトリ(ルーマニア)

・ 狼 - ガロン(イングランド)

・ フランケンシュタイン - ビクトル(ドイツ)

ヴァンパイア-ビクトル
<ヴァンパイア-ビクトル>

・ ゾンビ - ザベル・ザロック (オーストラリア)

・ サキュバス - モリガン(スコットランド)

・ ミイラ - アナカリス(エジプト)

ヴァンパイア-アナカリス
<ヴァンパイア-アナカリス>

・ キャットウーマン - フェリシア(アメリカ)

・ 侍 - ビシャモン(日本)

・ 人魚 - オルバス(ブラジル)

ヴァンパイア-オルバス
<ヴァンパイア-オルバス>

・ ビッグフット - サスカッチ(カナダ)

<スポンサーリンク>


ヴァンパイアの最後は?

まず、選ばなかった 9体のキャラと戦います

(今回はモリガンを選びました)

その後に新キャラが登場します

(ロボット)フォボス戦

モンスターでも人間でもありません

なぜかメキシコ代表です

ヴァンパイア-フォボス
<ヴァンパイア-フォボス>

ロボットだから、ということではなく

普通に強敵です

ラスボスは(エイリアン)パイロン戦

ついに地球の生物ではありません

しかも、出身はHELLSTORMです

ヴァンパイア-パイロン
<ヴァンパイア-パイロン>

光の塊のようで実態がないように感じます

ラスボスなので強さはとんでもないです

そしてエンディングへ

モリガンでプレイしていたので、

そのエンディングになります

ヴァンパイア-エンディング1
<ヴァンパイア-エンディング1>

「かわいい寝顔だこと。
パイロン、今からあなたに
すてきな夢を見せてあけるわ。」

「この世で味わうことのできない
最高の夢を・・・」

パイロンにキスをします

すると、パイロンは干からびて・・・

そしてお城の場面に変わります

「お帰りなさいませ、お嬢様。」

「いつお戻りになられるのかヒヤヒヤして
おりました。」

「下界におりられたことがご主人様に
知られたら一大事。さいわいまだご主人様は
目覚められておりません。」

「ささ、今のうちに早く寝室へ・・・。」

「少し疲れたわ。
ベッドの用意をしてちょうだい。」

「かしこまりました。」

モリガンが寝てる場面に変わります

「して、下界の様子はいかがで
ございましたか?」

「何も変わったことはなかったわ。
少し羽を伸ばしてきただけよ。」

ヴァンパイア-エンディング2
<ヴァンパイア-エンディング2>

これで終わりです

この後、スタッフロールになります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>