AC版が元祖/大工の源さん-べらんめ町騒動記

アーケードゲーム

1990年(アイレム)

海外名:Hammerin’ Harry

 

横スクロール(縦もある)型、アクションゲーム

 

大きな木槌を持つ源さんを操作して、

各ステージの最終地点へ

 

そしてステージボスとの対戦となります

 

「大工の源さん」と言えば正直、ファミコン版や

パチンコのほうが有名かも

 

大工の源さん-ゲーム画面
<大工の源さん-ゲーム画面>

 

操作は 8方向レバーと ボタンは2つ

 

ボタンは木槌による攻撃とジャンプ

 

大工の源さんはストーリー型

 

建築会社「黒木組」に、たった一人で

挑むのが全体のシナリオです

 

ヒドすぎるオープニング

 

ゲーム開始時のオープニングです

 

源さんが家から出ると、5人の作業員の

ような人がやってきます

 

そして源さんの家を壊してしまいます

 

大工の源さん-オープニング
<大工の源さん-オープニング>

 

これはヒドい・・・

 

こうして源さんは黒木組を追っていきます

 

木槌は殴るだけではない

 

通常、木槌は振って敵を倒しますが

防御にも使用できます

 

レバーを上に向けると 木槌は上を向き、

 

大工の源さん-上方向防御
<大工の源さん-上方向防御>

 

上からの攻撃を防御します

 

また、レバーを下に向けると しゃがみ

ポーズで敵の攻撃を避けられますが、

木槌で防御もできます

 

大工の源さん-右方向防御
<大工の源さん-右方向防御>

 

時間制限のあるゲームなので、

「倒さずやりすごす」も必要です

 

大工の源さんの最後は?

 

全 6ステージ

 

しかも 1ステージがそんなに長くないので、

全体のボリュームは少なく感じます

 

最終ボス、黒木氷介との対戦

 

社長室のような場所です

 

大工の源さん-ラスボス戦
<大工の源さん-ラスボス戦>

 

車椅子のようなものに乗ってで浮遊します

 

レーザーや札(?)で攻撃してくるので、

攻撃&下がる、という動作の繰り返しでした

 

そしてエンディングへ

 

社長はロボットだったの?

 

大工の源さん-エンディング1
<大工の源さん-エンディング1>

 

「金に操られて俺の人生
いったいなんだったんだ。」

「あきらめるんじゃねえよ、おっさん。
改心しなよ。今からでも遅くはねえよ。」

 

すると源さんが どつきまくります

 

やっつけたのか?

 

大工の源さん-エンディング2
<大工の源さん-エンディング2>

 

壊したわけではなく、治したようです

 

大工の源さん-エンディング3
<大工の源さん-エンディング3>

 

「よし。わしも一からやりなおすぞ。」

「その意気だよ! 人生気持ちの持ちようで
変わっていくもんだぜっ。」

 

続いてメッセージ画面に

 

「黒木組は改心し、
街はもとの平穏をとり戻した。
そして、壊された源さんの家は
皆の手で建て直す事になった・・・。」

「めでたし めでたし」

 

やっと終わったのに、2周目へ

 

最後にこんなメッセージが

 

大工の源さん-エンディング4
<大工の源さん-エンディング4>

 

「おうっ! 最後までありがとうよっ!
引き続き周目をどうぞ。」

 

この後、2周目が始まります

 

2周目は ストーリー的には1周目と同じ

でしたが、最後のメッセージだけ違いました

「最後の最後まで ありがとうよっ!」

「君のうまいPLAY
また会える日を楽しみにしてるぜ!」

コメント

タイトルとURLをコピーしました