レースゲームの革命、3Dへ/ポールポジション

POLE POSITION-1982年(ナムコ)

疑似3Dを使用したレースゲーム

アーケード初のレースゲームではないが、

自車を後方から見る方式は、このゲームで

確立され、以降のレースゲームの基礎となった

ポールポジション-ゲーム画面
<ポールポジション-ゲーム画面>

操作方法は、車に似せた大型筐体のため

ステアリング(ハンドル)とアクセル/ブレーキ

そして “HI”と “LO” の2段階シフトレバー

<スポンサーリンク>


ポールポジションは画期的

疑似3Dであり、プログラム的には “前方向に進む”

なんてことは決してありません

しかしプレイヤーには、リアルを感じさせるのに

十分なクォリティーがありました

その名の通り、ポールポジション

ポールポジションの本来の意味は、レースに

おいて先頭の位置のことです

このゲームも まずはポールポジションを

取ることです

ポールポジション-予選
<ポールポジション-予選>

このとき “予選スタートです”と音声が流れます

予選のタイムで スタート位置が決まります

意外とシフトレバーがカギ?

低速の間は LOWでないと加速が弱いです

ただし LOWでは、ある程度の速度以上が

でないので、タイミングよく HIGHに入れます

曲がり切れなさそうなカーブでは、

ブレーキではなく、LOWで曲がるといった

テクニックもあります

この時代にしては高品位

1982年という時代を考えると、疑似3Dとは言え

かなりがんばったグラフィックです

スピード感もあります

ただ、現実の車に置き換えると不自然な所も

多々あります

そこはゲームとして割り切るべきでしょう

ポールポジション-クラッシュ
<ポールポジション-クラッシュ>

ライバル車と接触すると、どちらの車も

爆発します

これはシューティングゲームなどにある、

“接触即アウト”的なものでしょうか

<スポンサーリンク>


ポールポジションの最後は

予選1周、本選(グランプリ)が 4周

(ゲーム側の設定では3周)をこなします

もちろん、途中でタイムアウトとなれば

そこでゲームオーバーです

本選スタート

がんばってみましたが予選4位でした

ポールポジションならず・・・

ポールポジション-本選スタート
<ポールポジション-本選スタート>

たとえ先頭スタートでも、とっちみち

前にいる車を次々と追い越すことに

変わりはありません

そしてゴールへ

今回は 3周でしたが、長い!

いや、決して長いわけではないのですが、

“ミスれない” という縛りが

「早く終わってくれー」 になります

ポールポジション-本選ゴール
<ポールポジション-本選ゴール>

帽子をかぶった女性がチェッカーフラッグを

振ってくれます

ラップタイムや合計タイムは表示されますが

何位だったのかは表示されません

いっぱい抜いたので 1位だったのでしょうか?

合計タイムやスコアで、ゲームとしての順位が

ありますので、そちらで競うのでしょう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>