ウルトラマン倶楽部(AC)-戦え!ウルトラマン兄弟!!

Ultraman Club-1992年(バンプレスト)

画面固定型のアクションゲーム

特撮テレビ番組のウルトラマンのキャラクターを

二頭身にディフォルメして使用している

ウルトラマン倶楽部AC-ゲーム画面
<ウルトラマン倶楽部AC-ゲーム画面>

操作は 8方向レバーと ボタン2つ

ボタンは通常攻撃と 弾制限がある大技

ファミコンにも 「ウルトラマン倶楽部」という

タイトルのゲームが、発売され シリーズ化もされて

いたが、こちらは別物

<スポンサーリンク>


ウルトラマン倶楽部ACはアリ?

正直、1992年登場のゲームしては地味というか、

失礼ながら「これはないな」というレベル?

同じバンプレストが前年に出した“ウルトラマン

のほうが高い技術で作られています

ウルトラマンAC-ゲーム画面
参考-ウルトラマンAC-ゲーム画面>

同名のファミコン版をそっくり移植したのかな、

と思いきや

ファミコン版は、RPGだったり横スクロール型

アクションだったりと別ゲームです

ゲーム構成が “ボンバーマン”に似ているので、

そちらの作者(制作会社)と関連があるのかな?

ウルトラ兄弟選択

プレイヤーを 8名のウルトラマンから選びます

ウルトラマン倶楽部AC-セレクト画面
<ウルトラマン倶楽部AC-セレクト画面>

それぞれ一長一短な特徴があるようです

とりあえず、ウルトラマンを選びました

ウルトラの父より指令

ワールドの開始時(全部 で8ワールドあり、

それぞれ 6ステージという構成)に父登場!

ウルトラマン倶楽部AC-父より指令
<ウルトラマン倶楽部AC-父より指令>

「町に怪獣が出現した
との緊急通報がはいった!!
ウルトラ戦士の諸君。
町中はなるべくこわさないように
戦ったくれたまえ!
以上だ!」

ダメージ制+3機制

このゲーム、ノーダメージというのは難しいです

(敵の攻撃のほうが断然有利だからです)

回復のハートが割りと出るので ここは割り切って

「ダメージ食らった直後の無敵時間」を利用する、

という作戦も必要となります

各ワールドの最終ステージでボス戦

ワールドの 6ステージ目はすべてボス戦です

ウルトラマン倶楽部AC-ステージ1-6
<ウルトラマン倶楽部AC-ステージ1-6>

(でっかいウルトラマンが敵です)

ボス戦は逃げまくっていると長期戦になります

アーケードゲームなのに ゲームを早く終わらせる

仕組みがありません

<スポンサーリンク>


ウルトラマン倶楽部ACの最後は?

( 6ワールド × 8ステージ ) の 48面です

かなり長いです

最終ワールド8、最終指令

ウルトラの父より・・・

「とうとうこのウルトラの国に
怪獣達が乗り込んできた!!
ウルトラ戦士の諸君。
最後の決着をつける時がきたようだ!
宇宙の平和を守れ!!
以上だ!」

最終ステージ 8-6

これは・・・いったい何なんだ?

ウルトラマン倶楽部AC-ステージ8-6
<ウルトラマン倶楽部AC-ステージ8-6>

エンディングでわかるのですが、「ゴーデス」

というキャラだそうです

「ウルトラマンG」に出てくるらしいですが、

私には よくわかりませんです

そしてエンディングへ

ウルトラの父が大型テレビに登場し、

(ワールドの開始画面と同じです)

「ウルトラ戦士の諸君。
よくがんばってくれた。
これでやっと、この宇宙にも
平和がおとずれるであろう。」

このあとキャラクター紹介(主に敵キャラ)

があり、さらにスタッフロールになります

ウルトラマン倶楽部AC-スタッフロール
<ウルトラマン倶楽部AC-スタッフロール>

最後に

「こうして宇宙に、平和がおとずれた・・・」

と表示され、完全終了です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>