アーケードゲーム黎明期のキャラゲー/ルパン三世

LUPIN III-1980年(タイトー)

画面固定型のアクションゲーム

アニメ(漫画)の“ルパン三世”を元にしたゲーム

ルパン三世のゲームは数多く存在するが、

アーケードゲームでは 本作を含む2本だけ

ルパン三世AC-ゲーム画面
<ルパン三世AC-ゲーム画面>

1980年といえば こんなゲームの時代だったと

言えないこともないですが、

実はナムコが パックマンラリーX とヒット作を

出した年でもあり、タイトーは遅れを取った形です

(1978年に出したスペースインベーダーで、

タイトーは王者に輝いたはずでしたが・・・)

<スポンサーリンク>


ルパン三世(AC)は 逃げるゲーム

すべての宝を盗み切る、という目的で

それ以外は敵から逃げるだけです

宝をすべて下へ

画面上側にある宝を、下側に持っていくだけです

ルパン三世AC-ゲームの目的
<ルパン三世AC-ゲームの目的>

宝を持っていった先は 袋小路ですが、

宝を置いた後 プレイヤーは別の場所へワープ

するので、敵に後ろを着かれても乗り切れます

ありえないキャラグラ

当時のグラフィック技術を考えると、

あまり文句は言えない!、とも言えないか?

ルパン三世AC-キャラクター
<ルパン三世AC-キャラクター>

白いのが 銭形警部、

黄色いのが ルパン三世(プレイヤー)です

ルパンはマントを付けているように見えます

どちらかというとアルセーヌ・ルパンでは?

<スポンサーリンク>


不二子ちゃん登場!

ゲームに直接関係ないコーヒーブレイク的な

演出で、ルパンは峰不二子に会いに行きます

ルパン三世AC-コーヒーブレイク1
<ルパン三世AC-コーヒーブレイク1>

ルパンの愛車は フィアットもありますが、

“ベンツSSK”のほうを表現していると

思われます

しかし、ゴルフカートにしか見えない・・・

そして、不二子に振られます

ルパン三世AC-コーヒーブレイク2
<ルパン三世AC-コーヒーブレイク2>

宝をすべて頂戴したはずなのに、なぜでしょう

宝を持ち逃げされる展開のほうがいいのでは?

3回目でうまくいく展開です

ルパン三世AC-コーヒーブレイク3
<ルパン三世AC-コーヒーブレイク3>

急に不二子に気に入られた感じですが、

ゲーム自体は1回目から変わっていません

敵に捕まると・・・

銭形に連行されます

ルパン三世AC-1アウト
<ルパン三世AC-1アウト>

画面左にバーコードがあるのかと思ったら

格子のついた警察署ですね

ルパン三世(AC)に終わりはあるの?

無いでしょう

1980年のゲームですからねえ・・・

マップも1面からずっと同じです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>