狼達を矢で落とし、子豚を救え!/プーヤン

POOYAN-1982年(コナミ)

画面固定型のシューティングゲーム

プレイヤーはブタのお母さん

子豚たちを救うため、矢を使って狼を倒すゲーム

プーヤン-ゲーム画面
<プーヤン-ゲーム画面>

操作は上下2方向レバー とボタン1つ

<スポンサーリンク>


プーヤンはシューティング?

一応、シューティングのジャンルに

入ってるようです

しかし、実際やってみるとアクションゲーム

なのでは? と感じます

このゲームのクリアの条件は、

規定数(画面左上の旗に記述)の狼を打ち落とす

ことです

狼を直接撃たず、風船を壊すことで狼を落とします

肉の使い方がカギ

画面右上に たまに“肉”が登場します

これは貫通弾なんですが、放物線状に

飛んでいくので

慣れるまでコントロールしにくいかも

プーヤン-肉使用
<プーヤン-肉使用>

上画面のように高得点を狙える状況も

ありますが、

矢だけで敵を撃ちつくすことは難しく、

矢と肉併用の攻撃パターンも確立していく

必要があります

逃した敵はどうなるの?

基本、自身に敵の攻撃が当たらなければ

アウトになりません

ただ、逃した敵が別方向から攻撃して

くるのです

狼が上から降りてくるラウンドでは、

プーヤン-逃した敵1
<プーヤン-逃した敵1>

プレイヤーの背後から攻撃してきます

狼が上へ昇っていくラウンドでは、

プーヤン-逃した敵2
<プーヤン-逃した敵2>

上から岩を落とされます

共通しているのは、

“逃したら即アウトではない”という点です

<スポンサーリンク>


プーヤンの最後はどうなる?

昔のゲーム特有の“延々と続くタイプ”

と思われます

ラウンド11まで来ましたが

正直、飽きてしまいました

プーヤン-ラウンド11
<プーヤン-ラウンド11>

右上の旗に書かれている数値が面数だったので、

1面に戻った感じですね

ちなみに 10面では “0”でした

ここにくるまで同じパターンが続いています

今までと同じように、1発も撃ち逃し厳禁の

総攻撃が時々あります

プレイヤーはプーヤンではない?

今さらな話なんですが、“プーヤン”とは

誰のこと?

実は、デモ画面でキャラクター説明が

あるのですが、

プレイヤーは “MAMA”のようです

プーヤン-デモ画面
<プーヤン-デモ画面>

これを見ると プーヤンは敵に捕らえられている

子豚のようです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>