アーケード版格闘ゲーム/ドラゴンボールZ(AC)

アーケードゲーム

DRAGON BALL Z-1993年(バンプレスト)

 

漫画(アニメ)のドラゴンボールを題材にした

格闘ゲーム

 

登場人物や画面の背景などを見ると、

フリーザ編あたりを使用してると考えられます

 

ドラゴンボールZ(AC)-ゲーム画面
<ドラゴンボールZ(AC)-ゲーム画面>

 

操作は 8方向レバーと ボタン3つ

 

ドラゴンボールZ(AC)をやってみる

 

基本的には通常の格闘ゲームです

 

タイミングよく攻撃を当てて行けば勝てます

 

他の格闘ゲームにはない舞空術?

 

このゲームの大きな特徴といえば、

 

全員、舞空術を使う

 

という点です

 

ゲームでも浮かんで戦うことができるので、

ジャンプの概念がありません

 

8方向レバーでの上下移動が可能です

 

上下方向に逃げられるので、他の格闘ゲームとは

ちょっと戦略が変わるかも・・・です

 

セレクト画面で、おなじみのキャラ

 

まずキャラクターセレクトでプレイヤーを

選びます

 

ドラゴンボールZ(AC)-セレクト画面
<ドラゴンボールZ(AC)-セレクト画面>

 

選べるのは、

 

孫悟空・孫悟飯・ピッコロ・ベジータ
・リクーム・バータ・ギニュー・フリーザ

 

の 8名です

 

ギニュー特戦隊のメンバーが懐かしい!

 

というより忘れてましたわ・・・

 

とりあえず悟空でプレイ

 

対ピッコロ戦の舞台は天界です

 

ドラゴンボールZ(AC)-ステージ3-1
<ドラゴンボールZ(AC)-ステージ3-1>

 

魔貫光殺砲” を撃ってきました

原作では撃つまで時間がかかるやつでしたが

 

そして2勝して勝利すると、

 

ドラゴンボールZ(AC)-ステージ3-2
<ドラゴンボールZ(AC)-ステージ3-2>

 

元気玉を撃ってとどめを刺します

 

まるで正義感がないですね

 

自分の息子である 対悟飯戦でも同じように

とどめを刺します

 

ドラゴンボールZ(AC)の最後は?

 

セレクト画面の 8名と対戦します

(同キャラ対決アリ)

 

最終戦はやっぱりフリーザ!

 

8面目はフリーザでした

 

ドラゴンボールZ(AC)-ステージ8
<ドラゴンボールZ(AC)-ステージ8>

 

フリーザはすでに最終形態ですね

 

奥(背景)には、“ポルンガ”

(ナメック星での神龍)がいます

 

そしてエンディングへ

 

格闘ゲームなら ここからシナリオ的ボス戦

ですが、フリーザを出した時点で ここまでですね

 

メッセージが表示されます

 

「あーあ たいくつだなぁ・・・また
ワクワクする闘いがしてみてぇ。」

 

この後スタッフ紹介です

 

ドラゴンボールZ(AC)-スタッフ
<ドラゴンボールZ(AC)-スタッフ>

 

これで完全終了です

コメント

タイトルとURLをコピーしました