マッチョな男がドラゴンに挑む/ラスタンサーガ

アーケードゲーム

RASTAN SAGA-1987年(タイトー)

海外名:RASTAN

 

横スクロール型のアクションゲーム

 

主人公はラスタン

 

初期状態で剣を持っているが、さまざまな

武器を手に入れながら進行する

 

ラスタンサーガ-ゲーム画面
<ラスタンサーガ-ゲーム画面>

 

操作は 8方向レバーと ボタン2つ

 

ボタンは 攻撃とジャンプ

 

ラスタンサーガをやってみる

 

見た目はファミコン時代のアクションゲーム

なんですが、やってみてもそんな感じです

 

このゲームの目的

 

ゲーム開始時に説明があります

 

ラスタンサーガ-ゲーム開始
<ラスタンサーガ-ゲーム開始>

 

「I SUCCEEDED IN OBTAINING THE CONSENT
OF THE PRINCESS OF THE KINGDOM “CEIM”
TO EXCHANGE THE DRAGON’S HEAD FOR
ALL THE TREASURES OF THE EMPIRE.
I STANTED ON MY QUEST TO THE DRAGON’S
LAIR.」

 

グーグル翻訳すると、

「私は王国の王女「CEIM」の同意を得て、
ドラゴンの頭を帝国のすべての宝物と
交換することに成功しました。
私はドラゴンの巣への探求を阻止しました」

 

あれ?

すでに冒険が終ってる感じですけど・・・

 

武器を取ろう!

 

主人公が使える武器が あらかじめエリア内に

設置してあります

 

ラスタンサーガ-武器
<ラスタンサーガ-武器>

 

できるだけ取りましょう

 

武器には制限時間があります

 

なので、好みの武器が手に入ったとしても

どんどん新たな武器に変えていきましょう

 

ラウンド毎にボス戦

 

このゲームで面は、“ラウンド”と呼びます

 

最終地点ではボスが待ち構えています

 

ラスタンサーガ-ボス戦
<ラスタンサーガ-ボス戦>

 

この手のゲームにしては攻略は楽でした

 

ラスタンサーガの最後は?

 

全6ラウンド

 

1ラウンドが長いので、

たった 6面でも結構ボリュームがあります

 

ただ、同じような場面の繰り返しです・・・

 

最終ラウンド6のボス戦

 

6面のボスが ラスボスとなります

 

ラスタンサーガ-ラスボス戦
<ラスタンサーガ-ラスボス戦>

 

ドラゴンバスター(1985年ナムコ)

ドラゴンに似てるかな

 

意外とあっさり倒れてくれます

 

このボスに限らず、各ラウンドボスも割りと

時間を掛けずに倒せました

 

そしてエンディングへ

 

こんな感じで終ります

 

ラスタンサーガ-エンディング
<ラスタンサーガ-エンディング>

 

「AFTER OBTAINING ALL TREASURES FROM
THE PRINCESS, I LEFT THE KINGDOM OF
CEIM TO FIND
A COUNTRY FOR
ME TO BE A KING.」

 

グーグル翻訳すると、

「王女からすべての宝物を入手した後、
私が王になる国を見つけるために、私は
CEIMの王国を去りました。」

 

だそうです

 

この後スタッフ紹介に移ります

 

さらにメッセージがあります

 

スタッフ紹介の後、デモで登場した

王様らしき人物が登場します

 

ラスタンサーガ-エンディング2
<ラスタンサーガ-エンディング2>

 

「THIS IS ONLY A
PART OF MY LONG
STORY-ONLY A
PART TO BECOME
A KING.
IF I HAVE
ANOTHER CHANCE,
I’LL TELL YOU
MY OTHER
ADVENTUROUS
STORIES.」

 

グーグル翻訳すると、

「これは私の長い物語の一部であり、
唯一の王になる部分です。
別の機会があれば、
私の他の冒険的な話をします。」

 

ゲーム自体が 彼の回想でした、

みたいな感じでしょうか

 

この王様の若かりし頃の冒険を語った、

という設定だったのでしょうか

コメント

タイトルとURLをコピーしました