時間を取りもどす旅/プリルラ(Pu・Li・Ru・La)

PuLiRuLa-1991年(タイトー)

横スクロール型のアクションゲーム

ポップな色使いのグラフィックが大きな特徴

プレイヤーも 1P側が男の子、2P側が女の子

といったところもファンタジーな世界観

プリルラ-ゲーム画面
<プリルラ-ゲーム画面>

操作は 8方向レバーと ボタン3つ

ボタンはそれぞれ、

通常攻撃/魔法攻撃/ジャンプ

となっている

魔法攻撃は回数制限があり、

死んでも回数は復活しません

<スポンサーリンク>


プリルラをやってみよう

見た目が気に入ったので、ぜひやって見たい

ゲームになりましたが、内容はいかに?

街の “時”が奪われた?

このゲームのプロローグな部分で、

デモ画面で見ることができます

「ここは、不思議な国、ラディッシュ・ランド。」

「それぞれの街で、番人の管理のもと、
時計じかけのネジにより、
時間の流れがたもたれていた。」

「しかし、そのネジを盗み、
時間の流れをうばう悪い奴が現れた。」

「街が次々とおそわれて時が止まり
被害をうけていった。」

「危険を感じたおじいさんは、
ザックとメルの2人を呼んだ。」

「そして、自分達の街を守るために
発明した魔法のつえをたくした。」

プリルラ-デモ画面
<プリルラ-デモ画面>

以上、こんな感じです

ネジ(回す部分)を奪われて時が止まる

ということは、この世界はゼンマイ仕掛けで

動いてる、ということでしょうか?

ファイナルファイト系との違い

本作も そのジャンルになる思いますが、

「奥行きが かなりある」という点が特徴です

大量に敵が出現しても、3次元的な動きを

することで、追い詰められにくくなります

(ただし、飛び道具を放つ敵の中には、

3次元攻撃をするものもいます)

あと奥行きがあるせいで、

「横軸を会わせにくい」という難しさもあります

これは、“影”を見るようにします

各ステージボスを倒してクリア

これは、だいたいのゲームで共通のことです

ちょっと違うのはステージボスが人間に戻って

正気を取り戻す、という点です

プリルラ-ステージ5
<プリルラ-ステージ5>

そして主人公に何らかの情報をくれます

よく考えたらザコ敵も動物に戻ってましたね

悪趣味の面、ステージ3

いったい何の意味があるのでしょうか?

3面開始時に実写の女の人が・・・

プリルラ-ステージ3-1
<プリルラ-ステージ3-1>

くるくる回りながら 別の人間(実写)を

キックするという演出があります

その人間の顔が 画面いっぱいにアップになり、

気持ち悪く、ホラーでもあります

(画像は載せません 本当に気持ち悪いです)

その後、でっかい足が出てきます

プリルラ-ステージ3-2
<プリルラ-ステージ3-2>

ただの背景かと思いきや、足が上がってる

ときにしか進めません

このステージでは、

他にも実写キャラがたくさん登場します

これってヒドくない?

ゲームの雰囲気が壊れてる感じが・・・

<スポンサーリンク>


プリルラの最後は?(その1)

全6ステージ

ボリューム的には 割と短めですが、

後半は結構難しいです

ステージ6のボス、ラスボスか?

どう見てもラスボス感のないヤツ登場です

プリルラ-ステージ6-1
<プリルラ-ステージ6-1>

「よくここまで来たな!
ネジがほしければ、取ってみろ!!」

こいつを倒すと、主人公が

「やった!!
これで街をもとにもどせるぞ!」

と、ワザとらしいセリフを言います

真のラスボス登場?!

「残念ながらまだこのネジを、
渡すわけにはいかないな!」

と、ラスボスが登場し 対決となります

プリルラ-ステージ6-2
<プリルラ-ステージ6-2>

倒すと主人公は こう言います

「やったあ!!
急いで街へかえらなきゃ!!」

ですが、まだ終りません

ラスボスと第2ラウンド

主人公はネジ職人(?)に会い、

「ネジは取りかえしましたよ。
さあこれを。」

とネジを渡します

すると ネジ職人はラスボスの姿になり、

プリルラ-ステージ6-3
<プリルラ-ステージ6-3>

「ハハハハハ!!!!
本当に私を倒したと思ったのか!?」

「今度は前のようにはいかんぞ!!」

と言って再び対戦です

本当にさっきとは別物の強さです

魔法や残機を溜め込んでいても

難しいです

とにかく「食らわないパターン」

見つけることが攻略でしょう

<スポンサーリンク>


プリルラの最後は?(その2)

2度の「ぬか喜び」をさせられて、

やっと終わりを迎えました

ラスボスだったやつがネジ職人に戻ります

プリルラ-ステージ6-4
<プリルラ-ステージ6-4>

「わぁ! すみません!
ゆるしてください!」

「ネジを巻くだけの単調な毎日にたえられず
魔がさしただけなんです。」

「もう二度とこんなことはいたしません。」

こいつのサジ加減で 世界を変えられたって

ちょっと変じゃないでしょうか

最初はネジを盗まれたって話でしたけど、

そうじゃなかったってこと?

続いて主人公は、

「反省しているようだし
今度だけは見のがしましょう。」

「時間をもどしてください。」

するとネジ職人がネジを回します

「これでぶじ時間がもどったはずだ。」

そしてエンディングへ

街の人たちとの会話です

「時間を取りもどしてくれて、
ありがとう。」

「よかった。
じゃあ、おじいさんの所へ帰ろう。」

そして帰路につきます

歩きながらスタッフロールになります

プリルラ-スタッフロール
<プリルラ-スタッフロール>

これで完全終了です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>