太ったプロレスラーが火吹き攻撃/カルノフ

KARNOV-1987年(データイースト)

横スクロール型のアクションゲーム

主人公は太ったプロレスラーのように見えるが

“神の使い”、という設定

ゲーム開始時に、9つに分かれた真っ黒な

地図が表示され、

「GET THE MAP THAT LEADS TO
TREASURE.」

「宝につながる地図を入手してください。」

となるので、地図を集めることが

このゲームの目的だとわかる

カルノフ-ゲーム画面
<カルノフ-ゲーム画面>

操作は 8方向レバーと ボタン3つ

ボタンは 攻撃・ジャンプ・アイテム使用

<スポンサーリンク>


カルノフをやってみる

見た目が質素で、あまりやる気が起きる

感じじゃない(←失礼)ですが、

やってみると意外(←これも失礼)と

面白いとゲームだと思いました

火力のパワーアップ

カルノフは最初、1列の攻撃ですが

オレンジの玉を取ることで、2列、3列と

パワーアップしていきます

敵に当たりやすくなっていくので

早めに強化しておきたいところです

アイテムを使ってみよう

画面上段に取得したアイテムが並んでいます

使用するには 3つ目のボタンなんですが、

選ぶのはレバーで、これは自身の移動と

兼ねていることになります

ちょっと苦しい操作体系か?

上方に気になるアイテム発見で、

ハシゴをかけてみます

カルノフ-シーン1-はしご
<カルノフ-シーン1-はしご>

強力な敵が出てきたときはブーメランを

使ってみる?

カルノフ-シーン5
<カルノフ-シーン5>

実際ブーメランで倒せたのですが、

通常の火吹き攻撃も 1列(初期状態)に戻って

しまう副作用があります

シーンクリアでマップを埋める

このゲームでは 面の呼び方は “シーン”です

シーンのボスを倒すと、上から巻物が

カルノフ-シーン1-クリア1
<カルノフ-シーン1-クリア1>

地図の画面になると 1つ埋まってます

カルノフ-シーン1-クリア2
<カルノフ-シーン1-クリア2>

こうやってシーンクリアごとに

地図が完成していきます

<スポンサーリンク>


カルノフの最後はどうなる?

全9シーン

面数は多いようですが、面1つ分は短いので

全体のボリュームとしては少なく感じました

最終面、シーン9

この面は、タイムアップに注意です

ラスボスまでの迷路と ラスボスの攻略で

かなり時間を食われます

タイムアップ(もしく普通にやられる)になると、

シーンの最初からやりなおしなので、

同じことの繰り返しという屈辱になりがちです

ついにラスボス登場

3つの窓からランダムに登場します

カルノフ-シーン1-ラスボス戦
<カルノフ-シーン1-ラスボス戦>

ラスボスは 画面の中を動くことはなく、

窓にボワッと現れて弾を放ち消えていく

という動作を繰り返します

倒せば今までと同じように巻物を手に入れます

そしてエンディングへ

これで地図が完成します

カルノフ-シーン1-エンディング1
<カルノフ-シーン1-エンディング1>

地図の上をカルノフが歩き出し、

ある地点で穴が空きます

そこに落ちると、

カルノフ-シーン1-エンディング2
<カルノフ-シーン1-エンディング2>

お宝の山の画面になり、ゲームは完全終了です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>