ジャイアント馬場も登場/アッポー(APPOOOH)

APPOOOH-1984年(セガ)

プロレスを題材にしたスポーツゲーム

実在のプロレスラーに似た名前と容姿の

キャラクターたちを使うことができる

アッポー-ゲーム画面
<アッポー-ゲーム画面>

操作は 8方向レバーと ボタン3つ

ボタンはそれぞれ キック・パンチ・フォール

組み合わせで必殺技などもある

<スポンサーリンク>


アッポーをやってみる

キャラクターセレクトでは 8名より選びます

やはり “アッポー”なのでジャイアント馬場で

やってみます

(表示は G・バブ?)

アッポー-セレクト画面
<アッポー-セレクト画面>

実際のプロレスラーに当てはめると、

・ G.BABU
(ジャイアント馬場)

・ A.INOKE
(アントニオ猪木)

・ TIGERMAN
(タイガーマスク)

・ U.UMA
(上田馬之助)

・ H.HOGEN
(ハルク・ホーガン)

・ S.HANSON
(スタン・ハンセン)

・ A.GIANTS
(アンドレ・ザ・ジャイアント)

・ A.BUCHIE
(アブドーラ・ザ・ブッチャー)

3分以内に 2本先取

このゲームのクリア条件は 2本取ることです

相手にダメージを負わせ、ホールドすると

レフリーがカウントを取ってくれるので

3カウントで1本です

ただし、合計で 3分以内というプロレスと

しては変ですが、アーケードゲームとしては

理解できるルールとなっています

試合時間が 3分に達してしまうと

ゲームオーバーとなります

1試合目の相手はアントニオ猪木

まずは猪木戦になりました

特に紹介はないのですけど、顔がそうです

アッポー-猪木戦
<アッポー-猪木戦>

自分で選んだとはいえ馬場はカッコ悪いですね

しかし! 16文キックと思われるキックは

リーチがあって かなり有効です

プロレスらしく場外戦も

試合はリング内だけではありません

アッポー-場外戦
<アッポー-場外戦>

場外では20カウントで戻らないと負けになる

ルールがあるので、適当に戻る必要があります

このルールを逆手に取って、

相手にダメージを負わせ、

リングアウト負けにしてしまうこともできます

3試合目のあきらめました

このゲームは 最初に選ばなかった 7人の

レスラーと対決します

(同キャラ対決はありません)

一応全試合制覇を目標にがんばって

みたのですが、

早くも 3試合目のスタン・ハンセン戦で

勝てなくなり、あきらめました

馬場のパワーがイマイチで、

ハンセンの耐久力が高いのでは?

<スポンサーリンク>


アッポーの最後はどうなる?

憎っくきスタン・ハンセンでしたが

この強さを見込んで コイツで最後まで

挑戦しました

3試合目はブッチャー戦

前回、あきらめた3戦目は

アブドーラ・ザ・ブッチャー戦です

アッポー-ブッチャー戦
<アッポー-ブッチャー戦>

なんとフォークを出してきました

「何も持ってないよ」的なしぐさもします

しかし、ハンセンには勝てなかったのです

強いぞ スタン・ハンセン!

7試合目はアンドレ戦

最終戦の相手は アンドレ・ザ・ジャイアント

となりました

アッポー-アンドレ戦
<アッポー-アンドレ戦>

彼も ハンセンの餌食となります

これで、全7名に勝利しました!

ですがエンディングは無し

昔のゲーム特有の “延々と続く”ゲームです

8戦目は、一度戦ったハルクホーガンです

アッポー-ハルクホーガン戦
<アッポー-ハルクホーガン戦>

画面下には 倒した相手が並んでいます

こんな感じで 8戦目以降は一度戦った相手が

次々と出てくる感じです

うーん、エンディングとまではいかなくても

何かあってもよかったのでは・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>