ナムコ版アルカノイド しかも超難度/クエスター

QUESTER-1987年(ナムコ)

ブロックくずしの進化版といったところ

前年に登場したアルカノイド(タイトー)に

かなり似ている

クエスター-ゲーム画面
<クエスター-ゲーム画面>

操作体系は パドル(ボリューム型のツマミ)と

ボタン1つ

<スポンサーリンク>


クエスターをやってみる

正直、

ナムコ、やっちまったな!

と思いました

ゲームに パ○リは付きものです

しかし、ナムコの黄金期(だったと思います)に

こんなに似たゲームを出すとは・・・です

それとも アルカノイド超えの面白さに自信が

あったのでしょうか

アルカノイド同様、アイテム落下

特定のブロックを壊すとアイテムが

落ちてきます

本作では アルカノイドで強力であった、

「キャッチ」と「レーザー」はありません

自機が伸びるのと、ボールの速度が落ちる

やつはあるのですが、それだけでも

ありがたいです

(それぐらい難しいゲームです)

本作では これが強力です

クエスター-電気
<クエスター-電気>

上部に電気の輪のようなものが現れ、

ボールを吸い込んで増殖させます

そして増えたボールを一気に放ちます

この攻撃は ある強敵(強ブロック?)に

効果があります

ナムコの人気キャラも登場

ナムコのキャラが直接出るわけではなく、

ブロックの積み状態で表しています

ギャラクシアンのボス(?)です

クエスター-ラウンド5
<クエスター-ラウンド5>

パックマンです

クエスター-ラウンド6-1
<クエスター-ラウンド6-1>

実はこのパックマンの目の部分が、

このゲーム最大の難敵となります

最大の敵、増殖ブロック

先ほどのパックマンの面では

目玉部分がどんどん降りてきます

クエスター-ラウンド6-2
<クエスター-ラウンド6-2>

周りに赤いブロックを増殖しながら

なので、本体になかなか当たらず

簡単には倒せないのです

結局、アイテムまかせになります

(注:増殖ブロックという名前ではありません)

<スポンサーリンク>


クエスターの最後は?

全33ラウンド

通常面が32面までで、最終面はラスボスと

対戦・・・ってとこまでアルカノイド

同じシステムです

ラウンド32、通常面の最終面

見た目は大したことありませんが、

クエスター-ラウンド32
<クエスター-ラウンド32>

右下の増殖ブロックを潰すのが

かなり大変です

最終面、ラウンド33

アルカノイドと同じくラスボス登場

クエスター-ラウンド33
<クエスター-ラウンド33>

四角い部分は、上部を除き壊れません

なので 上部からボールを侵入させるわけ

ですが、これが中々入りません

難度では アルカノイドの比ではありません

激ムズです

中央の部分(ラスボス)にボールを1回

当てれば、四角い部分は上に上がり、

地球登場です

クエスター-エンディング1
<クエスター-エンディング1>

そしてエンディングへ

自機(ボールを打つ乗り物)が帰ってきます

クエスター-エンディング2
<クエスター-エンディング2>

中からパイロットが現れます

この後はスタッフ紹介になり、

ゲームは完全終了です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>