ナムコのガンシューティング/スティールガンナー

STEEL GUNNER-1991年(ナムコ)

モデルガンのコントローラーで

画面に向かって撃つ、専用筐体を使った

ガンシューティングゲーム

このタイプのゲームは、タイトーの

「オペレーションウルフ」(1987年)

シリーズが すでに人気を博しており、

後出し感(パ○リ感)もあります

スティールガンナー-ゲーム画面
<スティールガンナー-ゲーム画面>

コントローラは、専用のモデルガン

<スポンサーリンク>


スティールガンナーをやってみる

「ナムコも このタイプのゲームを

出してたんですね」 というのが第一印象

やはり、オペレーションウルフの存在感が高く

ナムコとは言え、本作の知名度は低いのでは?

銃はマシンガン!

これは楽です

押しっぱなし(握りっぱなし)でいいのです

ですがこれ、撃たなくていいものまで

撃ってしまうので、

もしかして撃ちっぱなしではダメなのかも・・・

ゲーム開始時にシナリオ説明

「ネオアーク国際空港」

「ロボット工学の権威ライアン博士と
その助手エリス」

「テロリストの攻撃が始まった」

スティールガンナー-デモ画面
<スティールガンナー-デモ画面>

「ライアン博士を保護せよ!」

ACT.1 いきなり保護失敗?

1面開始時のデモで いきなり博士と助手は

さらわれます

(保護は失敗してます)

スティールガンナー-ACT1-1
<スティールガンナー-ACT1-1>

そしてゲームが始まります

画面は左右前後に(自動で)移動し、

このあたりは オペレーションウルフ

オペレーションサンダーボルトよりも

進化した感じです

そして最終地点でステージボスを倒すと

「テロリストは倒した」

と表示されますが、

スティールガンナー-ACT1-2
<スティールガンナー-ACT1-2>

「しかしライアン博士とエリスが
さらわれてしまった」

となります

これは任務に失敗したわけではなく

最終的には助け出す、

というストーリーの過程だと思われます

上司に怒られます

これは苦情件数が多かったからなのかな?

スティールガンナー-ACT1-3
<スティールガンナー-ACT1-3>

マシンガンで撃ち続けたせいで、物や民間人を

かなりヤッてしまいましたからねぇ・・・

YouTube の動画を見てもやっぱり怒られて

いるので、「部下の功績を認めない上司」

みたいな設定なのかな

<スポンサーリンク>


スティールガンナーの最後は?

ACT.4 (4面)で最後となります

かなり短い感じはします

大型筐体の、いわゆる体感ゲームなので

“長く遊べる”という点は 省かれたのかも

ACT.4 最終面

「突如現れれた巨大兵器が
街を破壊しはじめた」

スティールガンナー-ACT4-1
<スティールガンナー-ACT4-1>

「さっさと片づけてこい!」

「よし!いくぞ!」

やはり上司は怒ってますね

そして最終地点まで進むと、

巨大兵器との対戦が待ってます

スティールガンナー-ACT4-2
<スティールガンナー-ACT4-2>

倒しても、終わりではありませんでした

真のボス(?)登場

人間が現れます

いや、人間と思われましたが

ダメージを与えると、

スティールガンナー-ACT4-3
<スティールガンナー-ACT4-3>

どうやらロボットですね

これが ラスボスというわけです

そしてエンディングへ

ラスボスを倒すと、

「テロリストのたくらみを
阻止することができた」

と表示され、本来は1面の目的でしたが

スティールガンナー-エンディング
<スティールガンナー-エンディング>

「ライアン博士とエリスも
無事助け出すことができた」

となりました

この後、スタッフ紹介に移り

最後に「THE END」の表示で

ゲームは完全終了です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>