新聞配達のアルバイト/ペーパーボーイ(AC)

アーケードゲーム

PAPERBOY-1985年(アタリ)

 

クォータービューのスクロール型アクションゲーム

 

プレイヤーは自転車に乗り、新聞配達をする

 

ペーパーボーイ(AC)-ゲーム画面
<ペーパーボーイ(AC)-ゲーム画面>

 

操作はアナログスティックと ボタン2つ

 

ボタンは新聞を左方向に投げる

(2つのボタンは おそらく同じ機能)

 

ペーパーボーイ(AC)をやってみる

 

見た目もアイデアもアメリカンな感じがします

 

当時の日本のゲームでは、

このような現実の場面をゲームにする、

といったものは あまりなかったと思います

 

しかも新聞配達で 新聞を家に投げ入れるなんて

理解できなかったかも知れません

 

デモ画面では主人公が新聞に載ってます

 

ペーパーボーイ(AC)-デモ画面
<ペーパーボーイ(AC)-デモ画面>

 

「AMAZING PAPERBOY DELIVERS!」

「素晴らしい新聞少年がお届けします!」

 

3つのルートより選択

 

ゲームを開始するとセレクト画面です

 

ペーパーボーイ(AC)-ルート選択
<ペーパーボーイ(AC)-ルート選択>

 

最初は “EASY STREET”からやってみましょう

 

難しすぎるぞ!ペーパーボーイ

 

強制スクロールを 新聞を投げながら

進むのですが、

最初、“何とぶつかったらダメ” なのかが

わかりません

 

“全部”と考えていいかも知れません

 

住宅街には、とにかくいろんな物(者)があります

 

そしてゲームオーバに・・・

 

ペーパーボーイ(AC)-ゲームオーバー1
<ペーパーボーイ(AC)-ゲームオーバー1>

 

新聞に載ってしまいましたね

 

とにかく避けるペーパーボーイ(AC)

 

もう、新聞を投げることはあきらめ、

ひたすらゴールを目指しました

 

トレーニングステージに到達!

 

市街地を抜けると “TRAINING STAGE” へ

 

ペーパーボーイ(AC)-1日目
<ペーパーボーイ(AC)-1日目>

 

ここまで来ると 死んでもクリアとなります

(できれば最終地点を目指してね)

 

そして 2面目(2日目)へ

 

ペーパーボーイ(AC)-2日目-1
<ペーパーボーイ(AC)-2日目-1>

 

“TUESDAY” と表示されます

 

このゲームは “MONDAY”から始まって 7日間続き、

最後は “SUNDAY” となります

 

どうやらこのゲーム、

新聞を配る必要はなく、レースゲーム

のようにプレイする」 でいいようです

(後で間違いと気付きます)

 

最終地点に到達!

 

2面目(2日目)はトレーニングステージで

失敗はなく、ゴールまで進めました

 

ペーパーボーイ(AC)-2日目-2
<ペーパーボーイ(AC)-2日目-2>

 

アルバイト相手に この歓迎っぷりは、

さすがアメリカです

 

突然のゲームオーバー

 

せっかくゴールまで行ったのに・・・?

 

ペーパーボーイ(AC)-ゲームオーバー2
<ペーパーボーイ(AC)-ゲームオーバー2>

 

これはいったい・・・

 

新聞をよく見ると

今回は「PAPERBOY FIRED!」(クビ)

 

障害物衝突時は 「PAPERBOY CALLS IT QUITS!」

(ペーパーボーイはそれをやめた!)

なので 今回は辞めさせられたようです

 

そうなると思い当たるフシがあります

 

新聞を配っていません!

 

やはり 新聞配達のゲームなんですね

 

ペーパーボーイ(AC)の最後は

 

ちゃんと新聞を配りながら、

敵(障害物)をかわしながら、

ゴールを目指しました

 

7日目、ついにSUNDAY

 

7日目までマップは同じ、障害物も

1日目からちょっとずつ増えていく感じです

 

ペーパーボーイ(AC)-7日目
<ペーパーボーイ(AC)-7日目>

 

コンティニューがないゲームなので

つまらないミス厳禁ですね

 

そしてエンディングへ

 

また新聞に載りました

 

ペーパーボーイ(AC)-エンディング
<ペーパーボーイ(AC)-エンディング>

 

「CONGRATULATIONS PAPERBOY!」

 

これでゲームオーバーになります

 

最初のコース選びで“イージー”を

選んでたので、あと2つあるのですが

この辺にしておきます

コメント

タイトルとURLをコピーしました