連合国対ドイツ/1941-カウンターアタック

1941 COUNTER ATTACK-1990年(カプコン)

縦スクロール型のシューティングゲーム

「1942」のシリーズの一つ

第二次世界大戦の年代をゲームタイトルと

していて、

前作「1943改」よりも古い時代を表している

1941カウンターアタック-ゲーム画面
<1941カウンターアタック-ゲーム画面>

操作は 8方向レバーと ボタン2つ

ボタンは通常ショットと、

ライフを1つ犠牲にする全体攻撃

<スポンサーリンク>


1941カウンターアタックをやってみる

人気シリーズの4作目ということで、

期待していたファンも多いと思います

ただ アーケード業界としは、シューティング

人気に陰りが見え始め、パズルやクイズゲーム

というライトなジャンルが受け始めてました

そんな中、本作はそれほど注目を浴びなかった

気がします

1941は、やはり1942シリーズ

ゲームを開始すると

1941カウンターアタック-ステージ1-1
<1941カウンターアタック-ステージ1-1>

「北大西洋上空 20000フィート
-1941」

と表示されます

「北大西洋」とあるのは

本作は太平洋戦争ではなく、

ヨーロッパ側の第二次世界大戦が舞台です

そして最終地点でステージボス戦です

1941カウンターアタック-ステージ1-2
<1941カウンターアタック-ステージ1-2>

こいつを倒せばステージクリアとなります

1941カウンターアタック-ステージ1-3
<1941カウンターアタック-ステージ1-3>

シリーズ同様、戦績の発表があります

壁(陸地)が存在する

今回シリーズはじめて壁(陸地)が登場します

1941カウンターアタック-ステージ4
<1941カウンターアタック-ステージ4>

通常のシューティングでは当たり前ですが、

このシリーズは全て “空”であったため

はじめて陸地(壁)があります

ただ 接触してもミスにならず、

自機が回転して攻撃がままならない

だけで済みます

<スポンサーリンク>


1941カウンターアタックの最後は?

全6ステージ

かなり短いです

このシリーズは、とにかく長いという

イメージでしたので、より短く感じました

しかもコンティニューしまくれば

誰でもクリアできる仕様に驚きです

「1942」 = コンティニューがない

「1943」 = 最終面はコンティニュー不可

から考えると、

悪魔に魂を売ってしまったのか、

もうどうでもいいのか わかりませんが、

「らしさ」を失ってる気がします

最終面、ラスボス登場か?

今までのボスと比べても、重厚なヤツです

1941カウンターアタック-ステージ6-1
<1941カウンターアタック-ステージ6-1>

下側のガードの前に入らないと攻撃できません

倒しても ステージは続行します

ここはまだ中間地点でした

こちらが本当のラスボス

中間ボスからさらに進むと、

ちょっと時代に合わない戦闘機登場です

1941カウンターアタック-ステージ6-2
<1941カウンターアタック-ステージ6-2>

ステルス機というよりか、映画007に

出て来そうなデザインです

そしてエンディングへ

まずスタッフ紹介が行われます

その後、

1941カウンターアタック-エンディング1
<1941カウンターアタック-エンディング1>

このような画像で締めくくり、

と思いきや、

1941カウンターアタック-エンディング2
<1941カウンターアタック-エンディング2>

謎のマンガが出てきました

最下段に

「THANK YOU FOR PLAYING OUR GAME.」

と表示され、ゲームは完全終了です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>