上か下か?単純防御の繰り返し/クロスソード

CROSSED SWORDS-1991年(ADK)

3Dタイプのアクションゲーム

主人公はワイヤーフレームとなり

プレイヤーに見にくさを感じさせない

作りとなっている

RPGっぽく作られたゲームシステムだが、

プレイヤーが出来ることは かなり単純

クロスソード-ゲーム画面
<クロスソード-ゲーム画面>

操作は 8方向レバーと ボタン2つ

レバーの左右は横移動

レバーの上下は それぞれ上ガード・下ガード

ボタンは通常攻撃と 数制限がある魔法攻撃

<スポンサーリンク>


クロスソードをやってみる

このゲームの戦い方は

・ 敵の攻撃を防ぐ
・ こちらから攻撃する

の繰り返しです

なぜなら、

「先に攻撃しても こちらの攻撃は防がれる」

のです

敵の攻撃後、すこし間が空く時間を利用して

こちらの攻撃を当てるわけです

これは敵側にもいえることなので

逆に利用されないように

敵を攻撃を防ぐのがすべて

さきほどの続きですが、

まず「敵の攻撃を防ぐ」を行います

敵の攻撃は 上段と下段の2通りあるので

レバーを上か下に入れて

正しいほうに合わせます

合ってると防御成功です

直後に こちら側から攻撃すれば

敵に当たります

このときに3発ぐらい続けて 攻撃できます

(敵の種類によります)

防御に失敗した場合は 続けて食らうことが

多く、最小ダメージで済ますには

(たとえ勘でも)

上下のどちらかを防御した方がいいでしょう

武器、盾の強化

装備を強化していく所は RPGっぽいです

武器は 貯めたゴールドで買います

クロスソード-ショップ
<クロスソード-ショップ>

ショップはステージ開始時に呼び出せます

盾はときどき “ただ” でくれる人が現れます

クロスソード-盾
<クロスソード-盾>

クロスソードのシナリオ

ケーム開始時、3つの章を選択できます

・ 第一章 閑村ディオの異変
・ 第二章 パウリスタ城震撼
・ 第三章 奮戦マティウスの塔

今回は順番通り、一章からやってみました

第二章をクリアすると大きな展開です

クロスソード-ステージ2
<クロスソード-ステージ2>

「旅の騎士よ、今、我が国は魔人
ナウシズの脅威にさらされておる」

「どうかこの危機を、、、」

と、会話の途中で刺客が乱入し、

お姫様(?)を連れ去ってしまいます

王様の依頼は お姫様の救出になったようです

三章以降は、

・ 第四章 ゴーダ砦の怪魚
・ 第五章 強襲陸上戦艦
・ 第六章 魔界への洞窟
・ 最終章 魔城グレイシア

これを順にこなします

<スポンサーリンク>


クロスソードの最後は?

全7章

・・・長い

とにかく長い!

実際の長さも あるのですが、

精神的に感じる長さも すごくあります

はっきり言ってしまうと単調・・・

最終章、魔城グレイシア

この章の最終地点でラスボス登場です

クロスソード-ステージ7-1
<クロスソード-ステージ7-1>

デモ画面でも登場したヤツなので

間違いなく最終ボスとわかります

「ここまで来た君達の勇気に敬意を表し
姫君は、お返し、しよう」

「安心して死ぬがよい」

というセリフがあり、戦闘開始です

ですが、弱い・・・

ラスボス、第二形態へ

あの弱さなら (流れを)感じ取れましたね

お約束の第二形態です

クロスソード-ステージ7-2
<クロスソード-ステージ7-2>

これは強い!

さすがはラスボスです

そしてエンディングへ

まず敵の城が崩れていく映像です

その後、(たぶん)救出した姫様です

クロスソード-エンディング1
<クロスソード-エンディング1>

「ありがとう旅の騎士達。」

「これで我が国にも平和が
訪れることでしょう。」

続いて王様の登場です

クロスソード-エンディング2
<クロスソード-エンディング2>

「もし良かったらこの地に留まらぬか、
あつく歓迎いたすぞ。」

「おおそうか。」

「そなたらは主人を知らぬ騎士であったな、
それではしかたがない。」

「またこの地に立ち寄る際は、
ぜひ顔を見せてくだされ。」

この後、スタッフ紹介に移り

ゲームは完全終了です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>