左右攻撃できる横シューティング/サイドアーム

HYPER DYNE SIDE ARMS-1986年(カプコン)

基本横スクロール型の(縦の場面もある)

シューティングゲーム

自機は戦闘機ではなく ロボット(モビルスーツ)

サイドアーム-ゲーム画面
<サイドアーム-ゲーム画面>

操作は 8方向レバーと ボタン3つ

ボタンは 右攻撃、左攻撃、武器の切り替え

<スポンサーリンク>


サイドアームをやってみる

このゲームの最大の特徴は

「左右に弾を撃てる」

という点です

しかし、左に撃つ必要はあまりありません

通り過ぎた敵は、(他のシューティング同様)

放っておいても問題ありません

右側から出てくる敵だけに集中するほうが

効率いいと思います

ボス戦はもうちょっと・・・

ステージボスがいるのは、

一般的なシューティング同様です

ですが、もうちょっとがんばってほしかった

ステージ1 のボス

サイドアーム-ステージ1
<サイドアーム-ステージ1>

ステージ2、4 のボス

サイドアーム-ステージ2
<サイドアーム-ステージ2>

ステージ3、5 のボス

サイドアーム-ステージ3
<サイドアーム-ステージ3>

ステージ6、7、8、9 のボス

サイドアーム-ステージ6
<サイドアーム-ステージ6>

結構使いまわしなんですよね

1面ボス(とラスボス)だけが

オリジナルという・・・

<スポンサーリンク>


サイドアームの最後は

全10ステージ(ウィキペディアに)

面の切り替わりがわかりにくいゲームです

クリア後の「ステージnクリア」とか、

「ステージn、スタート」などの表示が

ありません

(グラディウスシリーズも無いようです)

なので本作も私調べては、全7面と思った

のですが、Wiki通り10面と思って区切ります

最終ステージ10

ラスボスは意外と小型です

サイドアーム-ステージ10
<サイドアーム-ステージ10>

ザコ敵でも うっとうしかったニョロニョロ

系のヤツ(の大型タイプ)です

難しくはないです

画面端に追いつめられないように

逃げたり攻撃したりの繰り返しです

そしてエンディングへ

ラスボスを倒すとメッセージです

サイドアーム-エンディング
<サイドアーム-エンディング>

「CONGRATULATIONS

THE END」

これだけです

1986年のゲームなので

こんなもんでしょうか?

この後 スタッフ紹介になり

ゲームは完全終了です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>