メルヘンメイズに似てる?/プリクラ大作戦

Princess Clara Daisakusen-1996年(アトラス)

クォータービューの

スクロール型アクションゲーム

タイトルの “プリクラ”は プリンセス・クララ

(クララ=主人公の名前)の略で、

写真シール機の “プリント倶楽部” ではない

しかし、

“プリント倶楽部” は同アトラスの商品ではある

プリクラ大作戦-ゲーム画面
<プリクラ大作戦-ゲーム画面>

操作は 8方向レバーと ボタン3つ

ボタンは 前方ショット、ハンマー攻撃、

数制限がある全体攻撃と 全て攻撃用

(ジャンプがない)

<スポンサーリンク>


プリクラ大作戦をやってみる

ゲーム画面を見て思い出すのは、

メルヘンメイズ(1988年-ナムコ)です

これってパ○リなのでは?

とは言っても メルヘンメイズも、

児童用小説の “不思議の国のアリス”を

元にしてるゲームですし、

この業界では常習化してますよね

これはボスのフィールドに移動するシーン

プリクラ大作戦-ボス直前
<プリクラ大作戦-ボス直前>

ここなんか メルヘンメイズそのものですよね

プリクラ大作戦のシナリオ

ゲーム開始時に頼まれます

プリクラ大作戦-ステージ1
<プリクラ大作戦-ステージ1>

「お・・・お願い・・・」

「あなたの力でこの国を・・・
ミラクルワールドを救って!」

本作では、あまりストーリを語るシーンが

ありません

なので ちょっと意味が分からない所も

多々あります

とりあえず、彼女は主人公クララの姉、

“ウララ” のようです

ハンマーの優位性

本作では遠距離用のショット、

近距離用にハンマー攻撃と

常に2つの攻撃手段があります

ショットは弱く、ハンマーは比較的強力

という設定ですが、

それ以外にハンマーでやられた敵は爆発し、

敵を連爆していくという

ラッキーなことが起きます

プリクラ大作戦-ハンマー攻撃
<プリクラ大作戦-ハンマー攻撃>

このゲーム 画面中、敵だらけになるケースが

多いので、この連爆機能は欠かせないです

<スポンサーリンク>


プリクラ大作戦の最後は?

全5ステージ

1ステージも割りと短いので、

全体的なボリューム感も少ないと感じます

ただ、ボス戦は長い・・・

ステージ5、ラスボス戦

うーん、特に最後って感じもないです・・・

プリクラ大作戦-ステージ5
<プリクラ大作戦-ステージ5>

ただ、第2形態もありますので

油断しないように!

そしてエンディングへ

お姉ちゃん登場です

クララ
「お姉ちゃん!!」

プリクラ大作戦-エンディング1
<プリクラ大作戦-エンディング1>

ウララ
「クララ・・・脱出よ!」

クララ
「ウララお姉ちゃんっ!
無事でよかったぁー!!」

ウララ
「クララ、ありがとう。」

「あなたとその子のおかげね
これでミラクルワールドも
元通りになるわ・・・。」

ヴァルキリー
「いえお礼なんて・・・
クララ様だけでは不可能と思い、
手を貸したまでで・」

プリクラ大作戦-エンディング2
<プリクラ大作戦-エンディング2>

クララ
「ちょっと待った!
誰が不可能だって!?」

ヴァルキリー
「あっ申し訳ありません★
つい本音が・・・」

クララ
「ゆっるさぁーんっっ!!」

エンディングの演出はここまでで、

続いてスタッフ紹介に移ります

プリクラ大作戦-スタッフ
<プリクラ大作戦-スタッフ>

スタッフ紹介での背景は凝ってます

ゲームはこれで完全終了です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>