2020年、人類最後の戦いが始まる!/トライゴン

LIGHTNING FIGHTERS(TRIGON)-1990年(コナミ)

縦スクロール型のシューティングゲーム

よくある普通のシューティングだが、

見た目以上に 難度の高いゲーム

トライゴン-ゲーム画面
<トライゴン-ゲーム画面>

操作は 8方向レバーと ボタン2つ

ボタンは 通常ショットと弾制限のあるボンバー

<スポンサーリンク>


トライゴンをやってみる

見た目も やってみても

普通の縦シューティングなんですが、

1つ(嫌な意味で)大きな特徴があります

それは、当たり判定が厳しすぎるのです

敵の弾の間をすり抜けられません

「えーっ、今の当たってたの?」

みたいな死に方も多いです

ビデオ判定を要求したいところですが、

どっちみち覆りません

それに、ゲーム自体がVARです

あと 偶然ですが、これを記述している年と

ゲームの設定年(近未来設定)が同じ

2020年です

2種類のボンバー

ボンバーといえば、一発で大ダメージという

特殊な武器ですが、

使いどころが難しいという特徴もあります

弾のすり抜けが信用ならない本作では

ボンバーの重要性は とても高いです

・ 竜ボンバー

トライゴン-竜ボンバー
<トライゴン-竜ボンバー>

敵の方向へ飛んでいき、

倒すとまた別の敵に向かうという追尾型

欠点は自機が無防備になることです

ボンバーを撃っても、

弾を避けることも お忘れなく

・ 直進型ボンバー

トライゴン-直進型ボンバー
<トライゴン-直進型ボンバー>

かなり強力に見えます

自機の上部にしか 攻撃がいかないところが

利点でもあり 欠点でもあります

ステージ8 クリア時の演出は何?

ステージ8をクリアすると

意味がよくわからない演出があります

トライゴン-ステージ8
<トライゴン-ステージ8>

火山(?)から 炎の竜が顔を出し、

戦闘機(自機?)を食べて火山に戻ります

こいつがトライゴンか!?

(検索したら違うようです)

<スポンサーリンク>


トライゴンの最後はどうなる?

全9ステージ

ゲームの難度からすると、かなり長いです

最終ステージ9

ステージ8で火山内に引き込まれたので

それがステージ9と思われます

(おそらく敵の基地)

ということは あの竜は味方?

そして、ラスボスとご対面です

トライゴン-ステージ9
<トライゴン-ステージ9>

ここでボンバーが残っているとクリアは

いけるでしょう

敵がバラバラになった瞬間、コアがむき出しに

なるので、ここが攻撃のタイミングです

そしてエンディングへ

まず、2機の戦闘機が火山から脱出します

そして竜が顔を出すのですが、

トライゴン-エンディング
<トライゴン-エンディング>

竜は爆発してしまいます

2機の戦闘機が飛んでいる場面になり

それをバックにスタッフロールへ移ります

これで終わり・・・ではない?

“ラウンド2” が始まります

トライゴン-ラウンド2
<トライゴン-ラウンド2>

実は本作、2周エンドとなってます

つまり2周する必要があるのですが・・・

このゲーム、2周は辛いなぁ

どうやら、2周目のエンディングは

同じもののようなので、(特に報告することも

ないし)ここで終了します

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>