特殊武装警察/アームドポリス バトライダー

ARMED POLICE BATRIDER-1998年(ライジング)

縦スクロール型のシューティングゲーム

同社、バトルガレッガの続編となる

前作はエイティングのブランドだったが、

本作は製作元のライジングの作品となっている

バトライダー-ゲーム画面
<バトライダー-ゲーム画面>

操作は 8方向レバーと ボタン2つ

ボタンは通常ショットと弾制限があるボンバー

<スポンサーリンク>


バトライダーをやってみる

タイトルに “アームドポリス”とあるので

主人公は警察官だと思ったのですが、

・ 元警察官
・ 超能力者
・ 犯罪者

が プレイヤーとなります

どの立場でも 敵は同じ、

ということなのでしょうか?

前作同様、シナリオ説明はない?

全くないわけではありません

デモ画面で、

バトライダー-デモ画面
<バトライダー-デモ画面>

「A.D.2014
N.Y.
MANHATTAN」

と表示され、2014年のマンハッタンが

舞台だとわかります

・・・すでに過ぎてますね

あと、エンディングで何かわかるかも?

コースセレクト

難度セレクトだと思ってると、

バトライダー-コースセレクト
<バトライダー-コースセレクト>

・ 練習コース … 3ステージで終了
・ 一般コース … 5ステージで終了
・ 上級コース … 全7ステージ

これだと、全クリ目指すには

「上級コース」しか選べないような・・・

プレイヤーセレクト

9人から 3人を選びます

バトライダー-プレイヤーセレクト
<バトライダー-プレイヤーセレクト>

1機やられるたびに

プレイヤーが変わるという、

少々変わったシステムになっています

本作もやっぱり弾幕系

前作もそうでしたが、

本作も敵の弾がすごいです

バトライダー-ステージ6
<バトライダー-ステージ6>

当たり判定が小さいので

動いていると意外と当たらない、

ということもあります

<スポンサーリンク>


バトライダーの最後は?

全7レベル

(本作では “面 = レベル”)

上級コースとなる 6,7面は 超難関です

ラスボス戦へ

ラスボスかな?と思われた敵を倒すと、

なんと上向きに飛んでいきます

バトライダー-ステージ7-1
<バトライダー-ステージ7-1>

そして本当のラスボス登場です

バトライダー-ステージ7-2
<バトライダー-ステージ7-2>

最初はデカいのですが、

壊していくと小さくなり第二形態、

第三形態的な感じの攻撃になります

エンディングへ

どうやら倒したときのキャラクターで

エンディングが決まるようです

バトライダー-エンディング1
<バトライダー-エンディング1>

今回は “マリア”でした

“精神力を攻撃エネルギーに変換する
サイキックコンバーター、それはマリアに
恐るべき副作用を与えつつあった”

マリア
「きゃあぁぁぁぁぁ!
あ、あ、頭がぁぁぁぁわれるぅぅぅ。」

バトライダー-エンディング2
<バトライダー-エンディング2>

「お、おかしい。
未来が見えなくなっている!?
もう私には未来が無いということなの?」

「いやぁぁぁぁぁぁ、
死にたくないぃぃぃぃぃ!!!!」

場面が変わります

おばあさん
「マリア、マリア、どうしたんだい?」

バトライダー-エンディング3
<バトライダー-エンディング3>

「おお、汗びっしょりで大じょうぶかい?」

マリア
「うん、大じょうぶ・・・。
昔の夢を見ていただけだよ。」

これでスタッフロールになり、

エンディングは終わったようです

意味がよくわかりませんでした

他の人のエンディングなら

ゲームのストーリーも出てきたのかな

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>