マリオが初めて登場したゲーム/ドンキーコング

DONKEY KONG-1981年(任天堂)

画面固定型のアクションゲーム

マリオ(当初は名前が付いてない)を操作し、

ドンキーコングにさらわれたレディーを

助けに行くゲーム

本作はファミリーコンピュータ版も有名だが、

今回紹介するのはアーケード版

操作は 4方向レバーと ボタン1つ

ボタンはジャンプするのに使用

<スポンサーリンク>


ドンキーコングをやってみる

今の感覚で、この時代のゲームをすると

かなり “変”です

ゲーム自体は簡単ですが、

割と理不尽に死んでしまいます

理不尽さを無くすと、

ゲームが簡単になってしまい、

バランスを取るのが難しいのでしょうね

ハンマーで敵退治

ハンマーの下でジャンプすると、ハンマーを

持って敵を攻撃することができます

ドンキーコング-ステージ1-1
<ドンキーコング-ステージ1-1>

自動で叩くアクションになります

この状態では階段を登れませんし、

ジャンプもできません

そんなに意味のない行為にも思えます

当時は ( ゲームの目的 = 高得点 )という

遊び方だったため、

重要な要素だったかも知れません

クリアしてもまた・・・

最上段のレディーがいる場所に到着すると

クリアーなんですが、

ドンキーコング-ステージ1-2
<ドンキーコング-ステージ1-2>

またドンキーコングに連れ去られてしまいます

そして次は、

ドンキーコング-ステージ2-1
<ドンキーコング-ステージ2-1>

50mというステージ(設定)ですね

ステージ2では・・・

マップが ガラっと変わります

ドンキーコング-ステージ2-2
<ドンキーコング-ステージ2-2>

なんとなく彼女の持ち物である(と思われる)

バッグやパラソルと取らないといけない

雰囲気ですが、取らなくてもクリア可能です

これもやはり得点稼ぎの要素でしょう

<スポンサーリンク>


ドンキーコングの最後は?

特に最後の面というのはなく、

延々と続くタイプです

4種類の面を繰り返すので、

4面目が最終面と考えていきます

ここまでとルールが違う4面

最後は、100mをクリアします

ドンキーコング-ステージ4-1
<ドンキーコング-ステージ4-1>

3面までは、最上段にたどり着くことが

目的でした

しかし4面は、

ドンキーコング-ステージ4-2
<ドンキーコング-ステージ4-2>

黄色い部分を通過していくことが

目的となります

全箇所を通過すると、

ドンキーコング-ステージ4-3
<ドンキーコング-ステージ4-3>

ドンキーコングをやっつけたことに

なったようです

これが結末(エンディング?)

うまくレディーが同じ段に来ました

ドンキーコング-ステージ4-4
<ドンキーコング-ステージ4-4>

この演出だけです

この後は 25mに戻り、

1面と同じマップになります

ただし、ゲームは難しくなります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>