シリーズ3作目はシューティング/ドンキーコング3

DONKEY KONG 3-1983年(任天堂)

画面固定型のシューティングゲーム

ドンキーコングの続々編となる

これまでのドンキーコングシリーズは

上方向に登って行くことが目的の

アクションゲームだったが、

本作は “敵を撃つ”ことが大きな要素

操作は 4方向レバーと ボタン1つ

レバーの上方向はジャンプ、

ボタンは 上方へのショット

<スポンサーリンク>


ドンキーコング3をやってみる

前々作のドンキーコング

前作のドンキーコングJR.

名作だと思います

登場時のほかのゲームを見ても

アイデア的に斬新ですし、

画面スクロールはなくても、後の

アクションゲームに通ずるものも感じます

ですが、本作を見たときは

「アイデアが尽きたのかな・・・」

と思いました

(というよりシステムを大幅変更した?)

ドンキーコングを撃て!

ドンキーコングを撃ちまくって

最上段に追い込めばクリアです

ドンキーコング3-攻撃
<ドンキーコング3-攻撃>

射程距離があるので 上部への攻撃は

ジャンプしながらとなります

虫が花を持っていくが・・・

虫はドンキーコングからの攻撃で

接触即アウトではあるのですが、

花を持っていくという特性があります

ドンキーコング3-花
<ドンキーコング3-花>

持って行かれる前に撃ち落とせば

花は戻ります

しかし、持って行かれても

クリア時の得点が少なくなるだけで、

こちらがやられてしまう、

というのは ありません

<スポンサーリンク>


ドンキーコング3の最後は?

最後はなく、延々と続くタイプです

Wikipediaによると、53周(158面目)で

1面に戻るらしいのですが、そこまでは

やる気もありませんし、出来ません

3種のステージ

3種類のステージを繰り返すだけなので、

残りの2種類を見ていきます

ステージ2では ドンキーコングの真下に

ツタ(?)があり、

そこにイモムシがいます

ドンキーコング3-ステージ2
<ドンキーコング3-ステージ2>

このイモムシは撃っても倒せず、

動きを止めるという厄介な特性があります

イモムシが退くまで

ドンキーコングに攻撃が届きません

ステージ4では真ん中の段が欠けています

ドンキーコング3-ステージ4
<ドンキーコング3-ステージ4>

攻撃&回避(ドンキーコングに攻撃、

そして虫からの回避)

というのがうまくいかない地形です

うまく考えられてますね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>