目が眩む疑似3Dシューティング/チューブパニック

TUBE PANIC-1984年(日本物産)

3Dタイプのシューティングゲーム

自機が前方に飛んでいるように見せるため、

疑似ではあるが 3Dグラフィックを使用し、

(当時としては)画期的なシューティング

ゲームを実現している

操作は 8方向レバー とボタン1つ

ボタンは前方用ショット

<スポンサーリンク>


チューブパニックをやってみる

昔の3Dゲームなので、

「大したことないだろう」

的な感じに思ってました

3Dゲームに慣れた現代人(私?)には

チョロいだろう・・・

と、この時点では思ってました

ゲームスタート!

まずは真っ暗な宇宙を飛び立ってますが

青い隙間のような所に入ります

そこは 上下に壁になってる場所です

チューブパニック-ミッション1-1
<チューブパニック-ミッション1-1>

本作でのレバー操作は、

・ 左右は左右移動
・ 上下はスピード調整
 (上は速くなり、下が遅くなる)

となっていて、

自機は左右にしか動きません

なので上下の壁は ただの演出です

そしてチューブパニック

さらに進むと筒状の場所に

チューブパニック-ミッション1-2
<チューブパニック-ミッション1-2>

左右移動をすると筒の中を回転してる

かのように感じます

(これも演出)

マザーシップに到着

自軍の母船と思われるものが現れ、

1面の終了を告げます

チューブパニック-ミッション1-3
<チューブパニック-ミッション1-3>

本作では “POWER” というのが減り続け、

クリアのタイミングで

残りPOWERが 得点となります

次の面では POWER満タンで始まります

POWERが0!

なんと4面で、POWERがなくなって

しまいました

チューブパニック-ミッション4-1
<チューブパニック-ミッション4-1>

即アウト、と思いきや 弾が出ないだけです

なので進むことは可能でしたが、

チューブパニック-ミッション4-2
<チューブパニック-ミッション4-2>

敵が横一列に並ぶところに出くわし、

ここで(弾が撃てないと)進めません!

マザーシップに着陸する必要が

ミッション終了時にマザーシップが

出てくるのですが、

実は位置を調整しながら

自身で着陸する必要があるのです

失敗すると、

「MISSION FAILED!」 (失敗!)

と表示され、”POWER”による得点も入らず

満タンにもなりません

これには気付かなかった!

クリアの演出だと思ってました

<スポンサーリンク>


チューブパニックの最後は?

全11ミッション(本作では 面=ミッション)

昔のゲームなので終わりがないのかな、

と思いましたが、終わりました!

最終ミッション11

最終面に近づくほどに、

かなり難しくなります

チューブパニック-ミッション11-1
<チューブパニック-ミッション11-1>

撃っても壊れない障害物が

列を成して出てきます

ですが突然、「GOAL」の文字が・・・

チューブパニック-ミッション11-2
<チューブパニック-ミッション11-2>

「そもそもゴールって何だよ!」 です

このゲームはレースでしたっけ?

ここまで敵を撃ちながら

進んできた感じでしたけど・・・

そしてエンディングへ

そのままメッセージとスタッフ紹介です

チューブパニック-エンディング
<チューブパニック-エンディング>

「YOU WON THE BATTLE. YOU ARE
AN EXPERT FIGHTER PILOT.
WE AWAIT YOUR NEXT CHALLENGE.」

だそうです

3Dゲームは楽勝だったか?

ここからは余談です

3Dでも “疑似”なので

「しょせん2Dだろう」とナメてました

6面では、

チューブパニック-ミッション6
<チューブパニック-ミッション6>

目がチカチカします

「私に催眠術でもかけるつもりか!」

という感じです

アイデア的には優れた作品だと思います

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>