約4画面分使ったピンボール/パニックロード

Panic ROAD-1986年(タイトー)

ピンボールを元にしたゲーム

フリッパーが 5段もあり、

かなり縦長の画面をスクロールしながら

プレイする仕組み

販売はタイトーだが、製作は “セイブ開発”

パニックロード-ゲーム画面
<パニックロード-ゲーム画面>

操作は ボタン2つ

<スポンサーリンク>


パニックロードをやってみる

ゲーム自体はピンボールなので

ルールは簡単!

と思いきや、不可解な部分もあります

そしてフリッパーが5段という

超ロングフィールドも特徴です

パニックロード-連結
<パニックロード-連結>

スクロールを連結した画像です

とりあえずスタート

5段あるフリッパーの最上段から始まります

当然、一番下のフリッパーより下に

ボールを落とせば一死となります

なので、上の方にボールがあるうちは

安心です

プレイを続けていると、

パニックロード-ラウンド1-1
<パニックロード-ラウンド1-1>

「TAKE A KEY!」

と表示されました

Aの鍵を取れ、と言ってるのでしょうか?

1面クリアしてしまいました

鍵を取った覚えはないまま、

マップ表示なったので

1面は終わったようです

パニックロード-ラウンド1-2
<パニックロード-ラウンド1-2>

・・・よくわかりませんね

パニックロード-ラウンド2-1
<パニックロード-ラウンド2-1>

そして、ラウンド2が始まり

やはりラウンド1は

ちゃんとクリアしていたことがわかります

クリアのための鍵発見!

ラウンド2でも「TAKE A KEY!」

表示されたあと、

パニックロード-ラウンド2-2
<パニックロード-ラウンド2-2>

「鍵」登場です

ボールでこの鍵を通過させればクリアです

ラウンド1では 知らないうちに

通ってたのでしょうね

「Aの鍵」ではなく 冠詞の「A」でしたね

<スポンサーリンク>


パニックロードの最後は?

全6ラウンド

短いですがゲームの特性上、

こんなものでしょう

最終面は超難関?

このラウンドは、

「鍵の出し方がわからない!」

なんです

本作でのクリアパターンは、

・ なんらかの条件で鍵が出現
・ その鍵を通過させてクリア

という手順です

その「なんらかの条件」が

分からないのです

パニックロード-ラウンド6
<パニックロード-ラウンド6>

と言っても、ラウンド5までも

よくわかりませんでしたけどね

かなりねばってエンディングへ

条件は わからないままでしたが、

時間をかけてのクリアでした

パニックロード-エンディング
<パニックロード-エンディング>

1画面だけの簡素な感じです

この後、2周目になります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>