アメリカ大統領もファンになった?/空牙(AC)

Vapor Trail: Hyper Offence Formation

-1989年(データイースト)

縦スクロール型のシューティングゲーム

空牙(AC)-ゲーム画面
<空牙(AC)-ゲーム画面>

操作は 8方向レバーと ボタン2つ

ボタンは 通常ショットと ボンバー的攻撃

<スポンサーリンク>


空牙(AC)をやってみる

まず、デモ画面を見ていきます

空牙(AC)-デモ画面1
<空牙(AC)-デモ画面1>

「謎の軍隊に占領された
海を、空を、都市を・・・」

「再びその手に取り戻す為に
生まれた鋼の翼」

ここで3機の戦闘機の紹介があります

場面は戻り、

空牙(AC)-デモ画面2
<空牙(AC)-デモ画面2>

「ニューヨークも沈黙しました!」

ここでタイトル表示になります

こ、これは大変な事態発生・・・?

ぜんぜんバックストーリーがわからん

もうちょっと なんかなかった?

ぬるい・・・けど単調?

この頃のアーケードゲームは

シューティングゲーム全盛で、

ゲームの難度も高くなる傾向にありました

しかし本作は、敵の攻撃があまり激しくなく

初心者でも どんどん進めます

ただ・・・単調で長いんですよねー

ダメージ制 + 残規制、という所は

ありがたいんですけど

簡単にクリア、と思いきや

「プレイヤーにやさしいゲームを

見つけた!」 と思いましたが、

ミッション5 のボス戦で一変します

空牙(AC)-ミッション5-1
<空牙(AC)-ミッション5-1>

ここまでは、敵の弾は多くなかったのですが

このボス戦は違います

弾数は多く、もともとやや速めだった弾が

ここでは強力に感じます

すでに終盤でもあり、最後までは

簡単に行かせてくれないみたいですね

<スポンサーリンク>


空牙(AC)の最後はどうなる?

全6ミッション

1ミッションが割と長めなので

全体としては そこそこのボリュームです

ミッション6、ついにラスボス

最終面では ザコ戦がなく、

パワーアップアイテムを取らせてくれた後、

ラスボス戦となります

5面のボス同様、弾が多く大変です

空牙(AC)-ミッション6-1
<空牙(AC)-ミッション6-1>

しかも長期戦です

心が折れないようにしましょう

倒すと第二形態へ

空牙(AC)-ミッション6-2
<空牙(AC)-ミッション6-2>

第二形態と言っても、先ほどの巨大戦闘機の

先端が外れて、その部分と戦います

ここは長期戦ではないので御安心を

そしてエンディングへ

夕日をバックに着陸します

それをパイロットたちが歓迎します

空牙(AC)-エンディング1
<空牙(AC)-エンディング1>

一人の隊員(?)が話しかけます

「メッセージが入ってます。」

そして通信機を使います

「誰だい・・・あんた?」

「君達のファンの1人だよ。」

「君達の為に是非祝賀会を
開きたいんだが・・・」

「そりゃあ、ありがたいが、
先約があるんでな!」

「また、後で電話をくれないか?
その時はつきあうぜ。」

場面は変わり、えらいさん?

「・・・まったく忙しいやつらだな。」

空牙(AC)-エンディング2
<空牙(AC)-エンディング2>

「大統領閣下、
お車の用意ができました。」

そしてゲームは 2周目になります

「大統領の誘いを断るなんて!」

みたいな演出は、

見てるほうが恥ずかしいですね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>