戦国時代が舞台のアーケードゲーム/武田信玄(AC)

アーケードゲーム

Takeda Shingen-1988年(ジャレコ)

 

横スクロール型のアクションゲーム

 

ベルトスクロールアクションと呼ばれるタイプ

 

プレイヤーは 武田信玄となって、

実在した戦国武将と次々と戦うゲーム

 

武田信玄(AC)-ゲーム画面
<武田信玄(AC)-ゲーム画面>

 

操作は 8方向レバーと ボタン3つ

 

ボタンは 左攻撃・右攻撃・ジャンプ

 

武田信玄(AC)をやってみる

 

今となっては、戦国時代を舞台としたゲームが

いくつも登場していて、

登場人物などが確立されています

 

しかし、本作の武田信玄のグラフィックは

「これはちょっと無いな」

という感じです

 

1988年のゲームと見ても

もうちょっとがんばってほしかったです

 

ステージ1

 

まずはステージ説明です

 

武田信玄(AC)-ステージ1-1
<武田信玄(AC)-ステージ1-1>

 

一戦目

1542年 諏訪氏攻撃

諏訪頼重

 

そしてゲームなります

 

序盤なので 難しいことはありません

 

“風林火山”を集めよう

 

敵を倒したときに この4文字が切り替わる

プレートを落とすことがあります

 

画面上部にある “風林火山”のそろい具合が

表示されているので、

足らない部分を取りましょう

 

すると、飛び道具を撃つようになります

 

武田信玄(AC)-ショット
<武田信玄(AC)-ショット>

 

これは強力です

 

ゲーム後半になると、

これなしでは進めないぐらいです

 

ステージ1、ボス戦

 

ステージボスが気持ち悪く登場です

 

武田信玄(AC)-ステージ1-2
<武田信玄(AC)-ステージ1-2>

 

この名前で検索すると、

もっと落ち着いた感じの人相ですよ

 

先にゲームを出したのは こっちだけど

 

そしてステージボス戦が始まります

 

武田信玄(AC)-ステージ1-3
<武田信玄(AC)-ステージ1-3>

 

なるほど・・・

 

ゲーム中のグラフィックでは

顔がわからないので

気持ち悪いアップがあったわけですね

 

武田信玄(AC)の最後は?

 

全4ステージ

 

ボリューム的には少ないですが、

中盤から後半は激ムズです

 

ステージ4、ボス戦

 

最後の敵は 上杉謙信です

 

これが最後と思いきや・・・です

 

武田信玄(AC)-ステージ4-1
<武田信玄(AC)-ステージ4-1>

 

むちゃくちゃ強いです

 

こちらの攻撃が全然当たりません!

 

コンティニューが

その場スタートなのが幸い

 

で、それを使いまくり、

復活時の無敵時間でダメージを与える

という なさけない戦法で倒しました!

 

武田信玄(AC)-ステージ4-2
<武田信玄(AC)-ステージ4-2>

 

ですが 倒したあと、

「影武者」

と表示されます

 

うーーーん・・・

 

上杉謙信戦、2回目

 

あれ、こっちのほうが顔を隠していて

影武者っぽいぞ?

 

武田信玄(AC)-ステージ4-3
<武田信玄(AC)-ステージ4-3>

 

ゲーム的に考えて、

最後のほうが本人なんでしょうね・・・

 

そしてエンディングへ

 

今まで倒した武将(ステージボス)が

登場します

 

最後に 2度目の上杉謙信です

 

武田信玄(AC)-エンディング
<武田信玄(AC)-エンディング>

 

顔の部分に “” と表示され

ゲームは完全終了となります

コメント

タイトルとURLをコピーしました