敵を画面に向かって投げ飛ばす/破兆(AC)

アーケードゲーム

HACHOO!-1989年(ジャレコ)

 

横スクロール型のアクションゲームで、

ベルトスクロールアクションとも呼ばれる

 

封じられてた妖魔王が復活しそうなので、

再び封印に向かう

 

流派の違う武道家どうしの戦いのようだが、

詳しい説明はない

 

操作は 8方向レバーと ボタン2つ

 

破兆(AC)をやってみる

 

キャラが小さくて迫力がなく、

格闘系としても

いまいちプレイしづらい感じです

 

ただ、背景などのグラフィックは良く、

古臭さは ないように思います

 

投げ技で勝利すると・・・

 

これは本作、最大の特徴かもしれません

 

こちらに向かって敵を投げます

 

破兆(AC)-投げ技1
<破兆(AC)-投げ技1>

 

そのまま画面に叩きつけられる演出

 

破兆(AC)-投げ技2
<破兆(AC)-投げ技2>

 

ゲームの進行とは関係ないことですが、

グラフィックの能力が向上して

このような演出が可能になったわけです

 

これは・・・女性?

 

髪の長い男なのか、女なのか・・・

 

破兆(AC)-女性?
<破兆(AC)-女性?>

 

髪の毛を振り回して攻撃してきます

 

なのでメディーサっぽくもありますが

投げ技で判明しました

 

破兆(AC)-投げ技3
<破兆(AC)-投げ技3>

 

女性でした

 

不思議なことに、服が破けました

 

破兆(AC)のストーリーは?

 

文字で説明される部分がないので、

想像も入れながら見て行きます

 

デモ画面で、像が割れていく場面です

 

破兆(AC)-デモ画面1
<破兆(AC)-デモ画面1>

 

左に「妖天山封妖院」とあるので

妖怪を封じてた感じでしょうね

 

上側に「妖魔王」とあるので

これが封じられているヤツの名です

 

そして場面が変わり、

 

破兆(AC)-デモ画面2
<破兆(AC)-デモ画面2>

 

偉い(?)坊さんの前で、

2人が手を上げているので

事件の解決に立候補したのでしょうね

 

本作での目的は、

“妖魔王”の封印が 完全に解ける前に

首謀者を倒す、みたいなことでしょうか

 

破兆(AC)の最後は?

 

全6ステージ

 

結構、短いです

 

ですがゲームの難度は高く、

「これってノーコンティニュー可能?」

と思います

 

ラスボスは魔法使い?

 

こいつがラスボスです

 

破兆(AC)-ステージ6-1
<破兆(AC)-ステージ6-1>

 

後ろにはデモやステージクリア時の

“封印がほぼ解けた妖魔王”ですね

 

いよいよラスボス戦、と思いきや

こいつが敵をどんどん召還して

結局、ボスラッシュ&ザコラッシュです

 

長期戦の末、

 

破兆(AC)-ステージ6-2
<破兆(AC)-ステージ6-2>

 

最後は投げ技で倒したようです

 

そしてエンディングへ

 

妖魔王は再び封印されます

 

破兆(AC)-エンディング
<破兆(AC)-エンディング>

 

これで一件落着というわけですね

 

この後、燃えさかる敵城を見ながら

スタッフ紹介になります

 

破兆(AC)-スタッフ
<破兆(AC)-スタッフ>

 

これでゲームは完全終了です

コメント

タイトルとURLをコピーしました