舞台はキューバ革命、カストロと共に戦う/ゲバラ(AC)

アーケードゲーム

GUEVARA-1987年(SNK)

海外名:GUERRILLA WAR

 

縦スクロール型のアクションゲーム

 

キューバ革命を元にしたゲームで

主人公は チェ・ゲバラ、

独裁者バティスタを倒すことが目的

 

ゲバラ(AC)-ゲーム画面
<ゲバラ(AC)-ゲーム画面>

 

操作は ループレバーと ボタン2つ

 

ゲバラ(AC)をやってみる

 

この頃のSNKならではの

ループレバーを使用したゲームです

 

(ループレバーとは

ダイヤルの付いたジョイスティックで、

ダイヤルを回すことで弾を撃つ方向を

変えれるというものです)

 

ゲームとしては、同社 “怒-IKARI-” と

ほぼ同じです

 

戦車に乗ったりもします

 

歴史に沿ったシナリオ

 

デモ画面で説明があります

 

ゲバラ(AC)-デモ画面
<ゲバラ(AC)-デモ画面>

 

キューバ革命の英雄
チェ・ゲバラに捧ぐ

 

1956年、

南米キューバ大統領バティスタは、
重い税金と秘密警察を使って、
この国を支配していた。

ゲバラはカストロに協力し
独裁者バティスタを倒す為、
密かにキューバに上陸した。

しかし、すでに軍隊が彼らを
待ちうけていたのだった。

 

そして本作は、

1P側が ゲバラで 2P側が カストロ

なっています

(1プレイでは、ゲバラ単独です)

 

捕虜の扱い

 

道中で捕虜を助けることもあります

 

ゲバラ(AC)-捕虜
<ゲバラ(AC)-捕虜>

 

助けると 1000点入るのですが、

間違って撃ってしまうと

その場で 500点引かれます

(クリアボーナスに関係するゲームは

多いのですが、

マイナス点のゲームは珍しいですね)

 

しかも、敵が捕虜を撃ってしまっても

マイナス点です

 

捕虜の扱いが雑ですね

 

ステージ1の最終盤

 

ステージボスっぽいキャラの登場です

 

ゲバラ(AC)-ステージ1-1
<ゲバラ(AC)-ステージ1-1>

 

茶色の上着を着たヤツです

 

こいつを倒して 1面クリア、

中間報告となります

 

ゲバラ(AC)-ステージ1-2
<ゲバラ(AC)-ステージ1-2>

 

上陸成功!!

ここを拠点として、
サンチャゴへ突撃だ!!

戦え、ゲバラ!!
敵をぶちのめせ!!

 

2面以降のシナリオ

 

ステージクリア時の中間報告で

「何を成したか」 がわかります

 

・ 2面クリア時

 

キューバ革命は、
いよいよ中盤に達した!!

次の炭鉱を開放したら、
バティスタの待つ首都へ、
突撃することが出来る!!

 

・ 3面クリア時

 

ついに、ここまで来た!!
ゲバラよ、勝利は間近だ!!

革命を成功させるため、
首都ハバナへ突撃せよ!!

 

・ 4面クリア時

 

ゲバラ(AC)-ステージ4
<ゲバラ(AC)-ステージ4>

 

英雄ゲバラよ、
キューバのほとんどは、
すでに開放した!!

残るは、バティスタとの対決だ!!

 

ゲバラ(AC)の最後は?

 

全5ステージ

 

短いようですが、後半の難しさを考えると

全クリは かなり大変です

 

ついにバティスタと遭遇!

 

大邸宅の屋上に、

砲台がズラっと並んでます

 

ゲバラ(AC)-ステージ5
<ゲバラ(AC)-ステージ5>

 

その場所に 赤い服の男がいます

 

こいつがバティスタですね

 

こちらの攻撃はバティスタには

当たらないようなので、

砲台を破壊していくことになります

 

砲弾の嵐で超難所ですが、

革命への最後の戦いです

 

そしてエンディングへ

 

砲台をすべて倒すと、ゲバラは

屋根に上ってバティスタを追いかけます

 

ですが、逃げられてしまいます

(追い越したように見えましたが・・・)

 

ボートで逃げ去った後、メッセージです

 

ゲバラ(AC)-エンディング
<ゲバラ(AC)-エンディング>

 

かくして1959年1月
キューバは、
バティスタの悪政から開放された。

ゲバラは
その働きによって少佐となったが、
その後ボリビアで死亡している。

カストロはキューバの首相として
現在にいたっている。

 

ゲームの製作年では そうなんですが、

カストロ議長は 2011年に辞任し、

2016年に亡くなっています

 

実際にも バティスタは

倒されたのではなく、

ドミニカへ亡命しているので、

このあたりも歴史に沿った感じですね

 

これでゲームのほうは 完全終了です

コメント

タイトルとURLをコピーしました