格ゲーのようなボクシング/ベストバウトボクシング

アーケードゲーム

BEST BOUT BOXING-1994年(ジャレコ)

 

ボクシングを元にしたスポーツゲーム

 

国を代表する猛者たちと

次々と対戦していく

 

操作は 8方向レバーと ボタン3つ

 

ベストバウトボクシングをやってみる

 

ボクシングのゲームは、

いろいろなタイプがありますが、

本作は 格闘ゲームに近いです

 

ジャンプの出来ない格闘ゲーム、

と言ったほうが しっくりくるかも

 

プレイヤーセレクト

 

プレイヤーを 7名(7カ国)から選びます

 

ベストバウトボクシング-セレクト画面
<ベストバウトボクシング-セレクト画面>

 

体格的には 損な気がしますが、

ここは日本代表である “堀内丈二”を選択

 

まずは初戦、割と楽な相手?

 

初戦はイギリスの “CAROLDE”です

 

ベストバウトボクシング-1試合目-1
<ベストバウトボクシング-1試合目-1>

 

本作の攻略ポイントは、

“相手が間に入ると打つ”でしょう

 

なので 間に入られる前にパンチボタンを

連打していれば、攻撃と防御の

両方を行っていることになります

 

ちなみに 3つのボタンは、

A : 顔面パンチ
B : ボディブロー
C : フィニッシュブロー

となっています

 

AとBを連打していれば、

間合いに入られませんでした

(1試合目に限ってです)

 

ノックアウトを取ったぞ!

 

ラウンド1は、こちら有利のまま終え、

ラウンド2に入りました

 

こちらのパンチもどんどん入るようで、

相手はマットに沈んだように見えたが?

 

ベストバウトボクシング-1試合目-2
<ベストバウトボクシング-1試合目-2>

 

ですが、立ち上がってしまいました

 

まだ試合は続きます

 

1戦目は辛くも勝利です

 

ラウンド3(最終ラウンド)に入りました

 

ラウンド1,2でのジャッジは

  10 対 9
  10 対 8

と、こちらが優勢だったので大丈夫とは

思ってましたが、

 

ベストバウトボクシング-1試合目-3
<ベストバウトボクシング-1試合目-3>

 

「T.K.O.」で勝利しました

 

つまり、画面下にある 相手の

ライフゲージがなくなったということです

 

普通に 格闘ゲーム風の勝利でしたね

 

4戦目は強敵か?

 

2戦目のオーストラリア

3戦目の韓国

は 難なく突破し、

4戦目のメキシコです

 

ベストバウトボクシング-4試合目
<ベストバウトボクシング-4試合目>

 

体格もありますが、とにかくリーチが長い!

 

これは大変だぞ と思いましたが、

なぜか “間合いを詰める”

という戦い方をしてきます

 

距離を置けば有利なのに・・・

 

ここも TKO勝ちで突破です

 

ベストバウトボクシングの最後は?

 

全8試合

 

最初に選択可能だった7人と対戦した後、

(同キャラ対戦もあります)

8戦目があります

 

最終、チャンピオン戦

 

“DRAEF” が名前なのかな

 

ベストバウトボクシング-8試合目
<ベストバウトボクシング-8試合目>

 

両手でパンチを打ってくるスゴいやつです

 

こいつは強いぞ!

 

なのでこちらは伝家の宝刀、

“コンティニューしまくり” を使います

 

そしてエンディングへ

 

なんとかTKOになりました

( TKO = ライフゲージを0にする )

 

ベストバウトボクシング-エンディング
<ベストバウトボクシング-エンディング>

 

数々の死闘が繰り広げられた。
そしてチャンピオンベルトを手にしたのは
“堀内 丈二”(JPN)
今世紀最大のベストバウト…。

 

ちょっと寂しいですが、この1画面だけです

 

ゲームのほうも完全終了です

コメント

タイトルとURLをコピーしました