名誉と賞金をかけた戦い/バイオレンスファイト

アーケードゲーム

VIOLENCE FIGHT-1989年(タイトー)

 

2Dグラフィックの格闘ゲーム

 

正義のために戦う、というのではなく

主人公は 賞金稼ぎという

少々ヒーロー感の薄い設定となっている

 

バイオレンスファイト-ゲーム画面
<バイオレンスファイト-ゲーム画面>

 

操作は 8方向レバーと ボタン3つ

 

ボタンは パンチ・キック・ジャンプ

 

バイオレンスファイトをやってみる

 

ストリートファイターIIが出たのが1991年、

本作は1989年なので、ストII人気に

乗っかった作品ではないと考えられます

(でも初代ストリートファイターは1987年)

 

バイオレンスファイトのストーリー

 

デモ画面で説明されます

 

バイオレンスファイト-デモ画面
<バイオレンスファイト-デモ画面>

 

STORY:

IN THE EARLY PART OF 1950’S IN
THE USA, A GAME CALLED “VIOLENCE
FIGHT” WAS IN VOGUE AMONG MAFIA,
RECKLESS DRIVERS AND GENERAL
BUSINESSMEN.

THE “VIOLENCE FIGHT” WAS THE
GAME TO STRUGGLE FOR “NO.1
QUARRELER” WITH FIGHTERS WHO
WERE GATHERED FROM ALL PARTS
OF THE USA SPEAKING BOASTINGLY
OF THEIR STRENGTH.

AND OF COURSE A LOT OF WINNING
MONEY AS WELL AS THE HONOR WERE
GIVEN TO THE “WINNER”.

WERE IN A DOWNTOWN IN L.A.,
A YOUNG FIGHTER “BAT” AND HIS
MANAGER “BLINKS” SEEK FOR THE
WINNING MONEY EAGERLY.

AS A MATTER OF FACT, CAN BAD
TAKE THE NO.1 PLACE OF THE USA?

 

長い!

長いですが、グーグル翻訳すると

 

物語:

 

アメリカでは1950年代の初めに、
「バイオレンスファイト」と呼ばれるゲームは、
マフィア、無謀な運転手、そして一般的な
ビジネスマンの間で流行していました。

 

『バイオレンスファイト』は、
全米各地から集まったファイターたちが
その強さを誇らしげに語り、
「No.1喧嘩屋」を争うゲームでした。

 

そしてもちろん、
多くの賞金と名誉が「勝者」に与えられました。

 

L.A.のダウンタウンにいた若い戦闘機「バット」
と彼のマネージャー「ブリンクス」は、
熱心に勝利のお金を求めています。

 

実のところ、悪いことはアメリカの
ナンバーワンの場所を取ることができますか?

 

キャラクターセレクト

 

ゲームを開始すると、まずプレイヤー選択です

 

バイオレンスファイト-セレクト画面
<バイオレンスファイト-セレクト画面>

 

この4人から選びます

 

奇怪なキャラはなく、どれも普通です

 

一番左の人がストーリー説明にもあった

“バッド” ですね

 

こいつにしましょう

 

まずは選ばなかった3人と対戦

 

同キャラ対決はないようですね

(でも、最後には・・・)

 

バイオレンスファイト-ラウンド1-1
<バイオレンスファイト-ラウンド1-1>

 

このあたりは

一般的な格闘ゲームと同じです

 

そして勝利すると、

 

バイオレンスファイト-ラウンド1-2
<バイオレンスファイト-ラウンド1-2>

 

札束を受け取ってます

 

ストーリー通り、アングラな世界ですね

 

2面おきにボーナスステージ

 

虎と戦う、というスタイルです

 

バイオレンスファイト-ボーナス面1
<バイオレンスファイト-ボーナス面1>

 

この虎が結構やっかいです

 

パンチではタイミングが合いにくく、

キックは こちらもダメージを食らいます

 

なんとか勝利すると、

 

バイオレンスファイト-ボーナス面2
<バイオレンスファイト-ボーナス面2>

 

パンチかキックを強くしてもらえます

 

「これは勝たなくては!」 です

 

バイオレンスファイトの最後は?

 

全6ラウンド

 

格闘ゲームにしては少ないですが、

あまり変化もないので 短くは感じません

 

敵が普通に人間ばかりですので

 

最終ラウンド6

 

「あっ、ここで同キャラ対決か?」

と思いましたが、

対戦前の会話に答えがあります

 

バイオレンスファイト-ラウンド6-1
<バイオレンスファイト-ラウンド6-1>

 

ALTHOUGH ‘WON’ WAS DEFEATED,
YOU MUST FIGHT AGAINST ME.

DO YOU REMEMBER ME.

I’M YOUR YOUNGER BROTHER.

DO YOU WANT TO GET PRIZE
MONEY EVEN BY DEFEATING ME.

 

グーグル翻訳すると、

 

「ウォン」は敗北しましたが、
あなたは私と戦わなければなりません。

私を覚えていますか。

私はあなたの弟です。

私を倒しても賞金をもらえますか?

 

結構、嫌なことを言いますね

 

「ウォン」というのは、

5戦目で戦った相手です

 

そして勝利すると、

 

バイオレンスファイト-ラウンド6-2
<バイオレンスファイト-ラウンド6-2>

 

しっかりと賞金を受け取っています

 

そしてエンディングへ

 

メッセージだけのエンディングです

 

バイオレンスファイト-エンディング
<バイオレンスファイト-エンディング>

 

YOU WON ALL FIGHT.
AND OBTAINED NOT ONLY MONEY
AND PEACE BUT ALSO GLORY.

AND AT THE SAME TIME.
YOU DEFEATED
YOUR YOUNGER BROTHER
AND KNEW CRUELTY AND VANITY OF
VIOLENCE.

 

あなたはすべての戦いに勝った。
そして、お金と平和だけでなく、
栄光も手に入れました。

そして同時に。
あなたは弟を打ち負かし、
暴力の残酷さと虚栄心を知っていました。

 

まだ続きます

 

HOWEVER, NEITHER PLACE
FOR PEACEFUL LIVING NOR TIME
FOR CONSOLATION EXISTS.

BECAUSE
YOUNG AND STRONG FIGHTERS WILL
CHALLENGE YOU
ONE AFTER ANOTHER.
UNTIL YOU ARE DEFEATED
JUST AS YOU DEFEATED THEM
AND LOSE THE GLORY…

 

しかし、
平和な生活の場も慰めの時間もありません。

若くて強い戦闘機が
次々とあなたに挑戦するからです。
あなたが彼らを打ち負かして栄光を失うのと
同じようにあなたが打ち負かされるまで…

 

これでゲームは完全終了です

コメント

タイトルとURLをコピーしました