サンフランシスコでパトカーレース/シスコヒート

アーケードゲーム

Cisco Heat-1990年(ジャレコ)

 

3Dタイプのレースゲーム

 

専用の大型筐体を使用し、

自車を後方から見るスタイルで

セガのアウトラン(1986年)などと

よく似たシステム

 

シスコヒートをやってみる

 

自車がパトカーなので、

タイトーのチェイスH.Q.(1988年)と

同じタイプかなと思いましたが、

パトカーどうしで

街中をレースしているようです

 

しかも舞台は実際のアメリカの都市です

 

まずは自車を選びます

 

選べるのは たった2台です

 

シスコヒート-セレクト画面
<シスコヒート-セレクト画面>

 

左は「FOR SPEED」

右は「FOR CORNERING」

となっています

 

ここはやはりスピード重視でしょうか?

 

指令が出ますが・・・

 

スタート前、こんな感じになります

 

シスコヒート-ステージ1-1
<シスコヒート-ステージ1-1>

 

緊急指令
FISHERMAN’S WHARF
へ急行せよ

 

“指令” と言ってもゴール地点を

言われただけです

 

ちゃんと走行していれば勝手に到着します

 

オリエンテーリング的なものではありません

 

超難関コースなの?

 

序盤は緩やかなカーブがありますが

突然、

 

シスコヒート-ステージ1-2
<シスコヒート-ステージ1-2>

 

交差点を左に曲がる指示(矢印)です

 

つまり直角に曲がるのですが、

今、280km/h 出てますよ!

 

その不安をよそに 曲がれます

(ゲーム中盤以降は

スピードを落とさないと無理ですけど)

 

本作では、実際の運転感覚から離れた

仕様になっていると思います

 

超難関コースなの? その2

 

また交差点に遭遇し

ここは直進でいいようですが、

 

シスコヒート-ステージ1-3
<シスコヒート-ステージ1-3>

 

「タクシーっぽい車が横切るんですけど!」

と慌てました

 

「レース中なんだから封鎖しとけよっ!」

と思いましたが、

本レースは警察官としての技量を

試されているわけで、

一般車が通行しているのは当然なわけです

 

ゴールに到着

 

ここがフィッシャーマンズ・ワーフ

ということですね

 

シスコヒート-ステージ1-4
<シスコヒート-ステージ1-4>

 

1位も取りました

 

ステージ2以降は、

・ UNION SQUARE
・ MOSCONE CENTER
・ TWIN PEAKS
・ TREASURE ISLAND

を目指すことになります

 

すべて サンフランシスコの観光地です

 

シスコヒートの最後は?

 

全5ステージ

 

レースゲームとしては、

一般的なボリュームだと思います

 

最終面は夜景で有名

 

ゴール地点に指定されている

「トレジャーアイランド」は

サンフランシスコの夜景を楽しむ、

という観光スポットです

 

シスコヒート-ステージ5-1
<シスコヒート-ステージ5-1>

 

ですが、これは何? バグった?

 

もしかしたら、夜景以外では

霧が多くて見えない、という

実際の情報を忠実に表現しているのかな

 

そしてゴールへ

 

シスコヒート-ステージ5-2
<シスコヒート-ステージ5-2>

 

最終面だけ、スターターの偉いさんが

登場するみたいです

 

そしてエンディングへ

 

夜景をバックに表彰式です

 

シスコヒート-エンディング1
<シスコヒート-エンディング1>

 

これが本来の

トレジャーアイランドなんでしょうね

 

今度はメッセージです

 

シスコヒート-エンディング2
<シスコヒート-エンディング2>

 

CONGRATULATIONS, YOU’VE WON,
BREAKING EVERY LAW IN THE BOOKS,
BUT THANKS TO YOUR SUPERIOR
DRIVING SKILL YOU’VE WON.
NOW GET BACK OUT THERE.

JALECO POLICE CAR RACE COMMITTEE

 

グーグル翻訳すると、

 

おめでとう、
あなたは勝った、
本のすべての法律を破り、
しかし、あなたが勝ったのは
あなたの優れた運転技術のおかげです。
今すぐそこに戻ってください。

JALECO パトカーレース実行委員会

 

少々意味がわからない文ですね

 

ゲームのほうは完全終了になります

コメント

タイトルとURLをコピーしました