リアルな野球に進化した/ダイナマイトリーグ

アーケードゲーム

DYNAMITE LEAGUE-1990年(タイトー)

 

野球を元にしたスポーツゲーム

 

実在する球団名や人物名を少し変えて、

現実の野球感を表現している

 

操作は 8方向レバーと ボタン2つ

 

ダイナマイトリーグをやってみる

 

まずは自身のチームを選びます

 

ダイナマイトリーグ-セレクト画面
<ダイナマイトリーグ-セレクト画面>

 

これは日本のプロ野球では?

 

ゲームタイトルから想像するに、

メジャーかなと勝手に思ってましたが・・・

 

1990年のゲームなので、現在は名前が

変わってしまったチームもありますね

 

“W” は、大洋ホエールズ

“Bu” は、近鉄バッファローズ

“H” は、南海ホークスかな?

(調べたら ダイエーホークスでした)

 

今回は、巨人を選びました

 

対戦相手も選べるようなので

伝統の一戦、巨人阪神戦にしました

 

巨人の打撃力は・・・

 

1回表、

我が巨人軍の攻撃から始まります

 

ダイナマイトリーグ-ゲーム1-1
<ダイナマイトリーグ-ゲーム1-1>

 

バッターは篠使(篠塚)です

 

そして阪神のピッチャーは仲西(中西)

 

3割バッターなので打たなくては、

なんですが

球が速すぎ!

 

で打てません

 

どうやら野球中継に寄せてる気がします

 

ゲームとしては遊びにくいな・・・

 

2番の川合(川相)、

3番の武羅雲も打てず、

阪神の中西にキリキリ舞です

 

本日の試合結果

 

こちらのピッチャー斎糖(斎藤)は

1回こそ打たれましたが、

その後は抑えます

 

でしたが3イニング終わった時点で、

 

ダイナマイトリーグ-ゲーム1-2
<ダイナマイトリーグ-ゲーム1-2>

 

ゲームは終了してしまいました

 

負けているので終了したのか、

3イニングで強制終了なのかは

(この時点では)わかりません

 

ダイナマイトリーグ、再挑戦

 

先ほどのゲームはコンティニューせず

最初からやり直すことにします

 

今度は本気で勝ちに行きます!

 

こちらは(西武)ライオンズ、

対戦相手は(オリックス)ブレーブスです

 

初回から得点のチャンス!

 

まずこちら側、西武の攻撃です

1番、2番がヒットを打ち、

ノーアウト2,3塁のチャンスです

 

そして、秋甘(秋山)の打席です

 

ダイナマイトリーグ-ゲーム2-1
<ダイナマイトリーグ-ゲーム2-1>

 

ここで ホームランを打って3点先制!

 

さすが秋山!(じゃなくて秋甘!)

 

ダイナマイトリーグ-ホームラン1
<ダイナマイトリーグ-ホームラン1>

 

マスコットがホームへと迎えます

 

続いて花束の贈呈?

 

ダイナマイトリーグ-ホームラン2
<ダイナマイトリーグ-ホームラン2>

 

この演出は何?

 

通算何号とかの記念だったとか?

 

球界の番長登場!

 

今となっては賛否両論あると思いますが

当時のスター選手、清原さんです

 

ダイナマイトリーグ-ゲーム2-2
<ダイナマイトリーグ-ゲーム2-2>

 

ゲーム内では “清腹”ですけど

 

残念ながらこの打席では 三振でした

 

ライオンズ、圧勝ムード

 

この後もライオンズは得点を重ね、

3回表で再び ホームランが出ます

 

打ったのは “吉武”という選手です

 

オリジナルが分かりませんが

(ファンの方、ごめんなさい)

 

そして今回も、

 

ダイナマイトリーグ-ホームラン2
<ダイナマイトリーグ-ホームラン2>

 

だから何なんだこの演出は!

 

もしかして当時はホームランのたびに

花束をもらってたのかな

 

いや、よく見ると選手の顔に

キスの跡があるなあ・・・

 

やはり3イニングで終了

 

もう、勝利は確定的な試合に

なってきてるのですが、

 

ダイナマイトリーグ-ゲーム2-3
<ダイナマイトリーグ-ゲーム2-3>

 

9-0 の大量リードながら、

コンティニュー画面です

 

どうやら 勝ってても負けてても

「1コイン 3イニング」

というルールのようです

 

ダイナマイトリーグの結末

 

先ほどの試合をコンティニューして

最後まで見届けましょう

 

4回表も打ちまくり

 

ホームランこそ出なくなりましたが

西武打線は止まりません!

 

ダイナマイトリーグ-ゲーム2-4
<ダイナマイトリーグ-ゲーム2-4>

 

どんどん点が入り、最終的には

13-0で このイニングは終了しました

 

意外な形でゲームオーバー

 

4回裏を終えると こんな画面に

 

ダイナマイトリーグ-ゲーム2-5
<ダイナマイトリーグ-ゲーム2-5>

 

コールドゲームで終了?

 

この後、スタッフ紹介に移ります

 

ダイナマイトリーグ-スタッフ紹介
<ダイナマイトリーグ-スタッフ紹介>

 

このスタッフ紹介の演出は

負けてゲームオーバーの時と同じです

 

(最後のヘルメットの場面では、

カラーと白黒の違いがあるのかな?)

 

それにしても コンティニューしたのに

1イニングしか させてもらえないのは

納得いきません!

 

打ちすぎたので 怖いお兄さんが出てきて

「いいかげんにしろや」

と言われた気分です

コメント

タイトルとURLをコピーしました