悪魔城伝説(FC)-後編

ファミコン

まだ前編をご覧でない方は

こちらをどうぞ「悪魔城伝説(FC)-前編」

 

本作は、初代 悪魔城ドラキュラの

続々編となります

 

ゲームスタイルも初代と同じと聞きましたが、

まったく同じでは ないようです

 

分岐や仲間集めがあり、プレイヤーの判断で

ゲームの進め方が変わるようになっています

 

ここまでの私の経過は、

・ 2面で、“グラント”を助け、仲間にする
・ 3面で、“サイファ”を助け、仲間にする
・ すると “グラント”が自ら仲間を抜ける

 

といった感じで、“グラント”には

大変申し訳ないことをしたと思ってます

 

しかも “サイファ”は女性ということもあって、

少々問題のある主人公となってしまいました

 

中盤、ブロック4,5,6

 

本作での “面”は、ブロックと呼びます

 

全ブロックの中盤にあたる部分になります

 

ブロック4は船

 

ブロック4 は船の中を進んでいきます

 

悪魔城伝説-ブロック4-1
<悪魔城伝説-ブロック4-1>

 

他のゲームではありそうなシーンですが

不気味な城が舞台である本作では、

違和感があると言うか、斬新ですね

 

ボス戦は奇妙な2連戦です

 

悪魔城伝説-ブロック4-2
<悪魔城伝説-ブロック4-2>

 

“人だま” のようなものが、棺おけに入り

蘇らせる、という感じで敵になります

 

棺おけが2つあるので 2連戦です

 

大して強い敵ではなかったのですが、

サブウエポンの は失敗だった・・・

 

ブロック5はノーマル面

 

何のヒネリもない面です

 

ただただ長い、という感想しかありません

 

そしてボスはフランケンシュタイン

 

悪魔城伝説-ブロック5-1
<悪魔城伝説-ブロック5-1>

 

十字架を放って安全地帯へ逃げる、

の繰り返しで楽勝でした!

 

ブロック6は水の面

 

半身だけ浸かれる水路は、入って進みます

 

悪魔城伝説-ブロック6-1
<悪魔城伝説-ブロック6-1>

 

流れに逆らって進むと遅い、

というギミックです

 

そしてボスは2体の竜です

 

悪魔城伝説-ブロック6-2
<悪魔城伝説-ブロック6-2>

 

敵の炎は、射程距離がやたら短く、

安全地帯へ逃げ込んでサブウエポン、

という攻略で良さそうなんですが

”は当てにくい!

 

十字架” がよかったか?

 

結局、ムチでしばきまくりのクリアでした

 

終盤、ブロック7,8,9

 

長い、長いぞ! 悪魔上伝説

 

ちょっとがんばりすぎなんじゃないの?

 

少々飽きてきましたよ・・・

 

ブロック7はノーマル面

 

道中、特になにもありません

(本当に何もないわけではありません

特筆することがないのです)

 

何もアイデアがなかったのなら、

無理に長くしなくてもいいのですよ

 

しかし、ボスは例のパターンです

 

悪魔城伝説-ブロック7-1
<悪魔城伝説-ブロック7-1>

 

“人だま” が棺おけに入いると、

中にいるボスが活動します

 

棺おけが3つあるので、3連戦です

 

今もっている 聖水は役にたたない・・・

今回もムチで なんとかしました

 

ブロック8は悪魔城

 

やっと城の中、という感じの面です

 

で、ボスは最強かもしれない死神です

 

悪魔城伝説-ブロック8-1
<悪魔城伝説-ブロック8-1>

 

とにかく耐久力が高く、十字架が必須です

 

しかも 本作では第二形態があります

 

悪魔城伝説-ブロック8-2
<悪魔城伝説-ブロック8-2>

 

やはり、十字架だよりになりました

 

敵側の攻撃は単調でかわしやすかったです

 

ブロック9、敵は自分自身?

 

死神が終わったので、あとはドラキュラだけ

と思いましたが まだありました

 

ここでのボス戦は、自身の分身と戦います

 

悪魔城伝説-ブロック9-1
<悪魔城伝説-ブロック9-1>

 

X68版を知ってる私は、「しまったー!」

と思いました

 

戦う前にサブウエポンを使い切ってしまわないと

相手にも使われるのです

 

しかし 調べてみたら、本作では

使い切ったとしても 撃ってくるようです

 

十字架を持ってる時点でダメなのかな

 

こちらが攻撃した後 上下に逃げる、

という戦法でなんとかなりました

 

最終面、ブロックA(10?)

 

ついにきました! 長かったーっ!

 

難度がそれほど高くないのが救いですね

 

サブウエポンの使いどころを知っていれば、

なお簡単に進められそうです

 

ちなみに“ブロックA”ではなく“ブロック10”

かも知れません(表示の桁数制限?)

 

ラスボス、ドラキュラ戦

 

ラスボスの見た目は 初代とよく似てますが、

攻撃方法は違います

 

悪魔城伝説-ラスボス1
<悪魔城伝説-ラスボス1>

 

自身がいた位置に炎が突き上がるので、

安全場所を確保しながら

わざと撃たせていけば食らわないと思います

(それでも、全く食らわないのは無理かも)

 

倒しても、例によって第二形態です

 

悪魔城伝説-ラスボス2
<悪魔城伝説-ラスボス2>

 

第二形態はかなり簡単、というか避けやすい

 

でも、こちらの攻撃も当てにくいので

サブウエポン頼りになるかな

 

倒すと、なんと 第三形態です

 

悪魔城伝説-ラスボス3
<悪魔城伝説-ラスボス3>

 

動くブロックに乗って、顔近くまで行けば

こちらの攻撃を当てることができます

 

十字架があるので ここはかなり有利でした

 

そしてエンディングへ

 

途中で救出したサイファといっしょに

悪魔城を見ています

 

悪魔城伝説-エンディング1
<悪魔城伝説-エンディング1>

 

悪魔城は ずるずると沈んでいき、

上部がなくなっていきます

 

すると今度はサイファが金髪になり(戻り?)、

 

悪魔城伝説-エンディング2
<悪魔城伝説-エンディング2>

 

主人公が抱き寄せる感じになります

 

これってどうなの?

何いい感じになっちゃってるの?

 

赤の他人で、味方かどうかも怪しい女でしたよ

 

自ら身を引いた猿っぽい男の方が信用できますよ

 

ま、まあ、死戦を乗り越えた直後なので

「今ならいける!」 的なゲスい主人公なのかも

 

この後、メッセージです

 

数多くの犠牲を払い、かくしてワラキアでの
壮絶な戦いは幕を閉じた

 

ドラキュラを倒したことによって
この地に呼び戻された魔物たちも
再び永い眠りにつくであろう・・・

 

過酷な運命により、ヴァンパイア・ハンター
として育てられてきたサイファは、
これまで本当の姿を隠して生きてきた

 

だが、ラルフに巡り会って始めて
心の安らぎを覚えるようになっていた

 

ラルフもまた同じ気持ちだった・・・

いつしかお互いの間に
惹かれ合うものが生まれていた

 

この戦いの後からは、
ベルモンドの名は英雄として
人々の間に語り継がれることになる・・・

 



サイファごめん!

(あと、ラルフもごめんなさい)

 

サイファには悲しい過去があったのね

 

どうやら仲間にしたキャラ用の

エンディングが用意されてるようです

 

ゲームのほうは2周目になりますが、

私の方は自主的にゲームオーバーです

コメント

タイトルとURLをコピーしました