桃太郎伝説(FC)-後編

ファミコン

まだ 前編・中編をご覧でない方は、こちらへ

桃太郎伝説(FC)-前編
桃太郎伝説(FC)-中編

 

さあ、いよいよ残り 1/3・・・

と言いたいところですが、ここから長いですよ

 

ここまでのストーリーは、

・ 桃太郎は鬼ヶ島へ鬼退治に向かう

・ 鬼ヶ島へ行くには5つの宝物を
  かぐや姫の下へ持って行く必要がある

・ 宝物の “仏のお鉢”と “竜の首飾り” ゲット

・ ですが “竜の首飾り”は 銀次に取られる

・ 道中、キジをお供にした

 

というところまで来ました

 



オリジナルストーリー2

 

この辺りは オリジナルの昔話がないと思います

 

“スリの銀次の話”、といった所でしょうか?

 

希望の都

 

入り口近くで 重要人物発見です

 

桃太郎伝説-希望の都-2
<桃太郎伝説-希望の都-2>

 

「わしは証城寺の和尚ぢゃ
紹介状が欲しくば手土産を持って参れ!!」

 

“微笑みの村”へは、紹介状が必要なのです

 

さぞかし たいそうな物を要求されると思いきや、

“水飴” を渡せばOKです

 

そもそも水飴を売ってる時点で 怪しいですよね

 

そのほか、この町の道端には銀次がおり、

会うと逃げてしまいます

 

村人の話によると、“屁”を使うのでしょうね

 

フグを食べて宝物ゲット?

 

料亭「石井」で食事をしようとすると、

 

桃太郎伝説-希望の都-3
<桃太郎伝説-希望の都-3>

 

高いな!

(武具が欲しくて金欠なんですけど!)

 

寝太郎の村で「料亭でフグを・・・」のくだりが

あったので、食べなければならない気が・・・

 

・・・しかし!

「桃太郎はフグに当たって死んでしまった!!」

となってしまいます

 

え!?

と驚きましたが、

「たまたま 隣の部屋にフグ好きの神がいたから
助かったが・・・」

という話になります

 

うーん?

 

そして 料亭からお詫びとして“金色の毛皮”を!

(これは、5つの宝物のひとつです!)

 

死んだ甲斐があった?

 

微笑みの村

 

紹介状のおかげで中に入れます

 

ここには “1人でも仙人”という仙人がいて、

10000両で術を授けてくれるそうです

 

・・・10000両!!!

 

仕方がない、また戻って化けひょうたん狩りです

 

しばらくして(かなり時間を費やして)、

 

桃太郎伝説-希望の都-4
<桃太郎伝説-希望の都-4>

 

“放屁”の技をもらいました!(買いました!)

 

仙人から、

「とんでもない術を習ってしまったのぉ!!
ウヒャヒャ…」

と言われますが、欲しかったのはコレですよ!

(村人の話では、銀次はオナラを恐れてます)

 

早速、希望の都に行き銀次に屁を浴びせてみます

 

あれ?

何も起きないぞ?

 

ちょっ、ちょっと! 僕の10000両・・・

 



笠地蔵

 

ここからは、うんっとレベルを上げなければ

進むことはできません

 

“楽に倒せる敵” と “近くに回復” の条件が

そろう場所を探し、レベル上げ!

 

強くなってから 物語の謎に挑みます

 

18体も横並び!“並び地蔵”

 

地蔵が並ぶ場所で、右から1体ずつ話を聞きます

 

桃太郎伝説-笠地蔵-1
<桃太郎伝説-笠地蔵-1>

 

話を縦に並べると、なんとなく言葉に?

 

いし

おか
かね
こま
みなみ
しま
まつ
つち
にし

ほん
うし
らく
いけ

たけ
ます

 

“蓬莱の玉”の場所を表しているようですが、

“岩を囲み始末に” は???

(あとでわかりましたが、“し、松に”でした)

 

最後のお供、“猿”救出!

 

地蔵の横に 松がポツンと1つあるので

かなり怪しいです

 

松を調べると、縛られていたを救出です

 

桃太郎伝説-笠地蔵-2
<桃太郎伝説-笠地蔵-2>

 

「桃太郎さん参りましょう!!かぐや姫様は
あなたを待っているのです!!」

 

そんな話だったっけ?

 

鬼ヶ島に行くのに かぐや姫の宝物が必要って

だけだったような・・・

 

宝物「蓬莱の玉」

 

なるほど、並び地蔵の意味がわかりました

 

桃太郎伝説-笠地蔵-3
<桃太郎伝説-笠地蔵-3>

 

上から、

・ 岩を囲みし竹
・ 岩を囲みし松
・ 松を囲みし岩

というわけですね

 

地蔵の謎がわからなくても怪しい場所なので、

根こそぎ“調べる”でも発見できるでしょうね

 

“岩を囲みし松” で穴を発見し、その中で

 

桃太郎伝説-笠地蔵-4
<桃太郎伝説-笠地蔵-4>

 

地蔵と遊ばなければなりません

 

左右はプレイヤーから見た方向で、前後は

地蔵から見た方向となり ちょっと混乱します

 

遊び完了で、宝物の “蓬莱の玉”ゲットです!

 



竹取物語

 

桃太郎は おじいさんとおばあさんと再会!

でも実は偽者!・・・のイベントを終えれば

別の大陸に行けるようになります

 

竹取の村

 

ついに かぐや姫登場です

 

桃太郎伝説-竹取物語-1
<桃太郎伝説-竹取物語-1>

 

「ああ、桃太郎様!!お待ち申しておりました
私がかぐやでございます」

勇気の剣は5つの宝を一人で集めた方に
お渡しする慣わし
何とぞ早く5つに宝をお持ち下され!!」

「そして多くの人々を苦しめる、えんま大王
こらしめて下さい!!」

 

だそうです

 

今、持ってる宝は3つです

(1つはスリの銀次に取られたままです)

 

それと、

 

閻魔(えんま)大王?

 

“鬼ヶ島へ鬼退治” って話で始まりましたけど?

 

スリの銀次から宝物を取り戻すぞ!

 

銀次の場所がわからないので、

二度目の攻略カンニングを行います!!!

 

うぅっ・・・

 

答えは “猿カニの村”で、易者に化けてる銀次

“放屁”の術を浴びせるのです

 

すると正体を現した銀次は 桃太郎に捕まります

 

桃太郎伝説-笠地蔵-5
<桃太郎伝説-笠地蔵-5>

 

「やっぱり悪いことはできねえな!!
俺が悪かった許してくれ 桃太郎さん!!」

竜の首飾りは返すぜ!!
もうスリから足を洗って料亭を継ぐことにするよ」

「あんたもがんばってくれ!!
かぐや姫に会ったら
銀次は今でも好きだと伝えてくれ!!」

 

・・・全く受け入れられませんな!

 

でも、宝物は4つになりました!

あと1つ!

 

黄泉の塔

 

黄泉の塔を登り、

最上階では 羅生門の鬼との対戦です

 

桃太郎伝説-竹取物語-2
<桃太郎伝説-竹取物語-2>

 

道中、むちゃくちゃ大変でした

(“技”全回復の“打ち出の小槌”が必須かな?)

 

勝利すると、飛燕の城へ(技で)行くことができ、

そこでは 天の仙人と会うことになります

 

そして最後の宝物、“燕の子安貝”がもらえます

 

桃太郎伝説-竹取物語-3
<桃太郎伝説-竹取物語-3>

 

「さあ5つの宝物を持った上は一刻も早く
かぐや姫から勇気の剣を受け取るのじゃ!!」

 

よっしゃー!

 

ついに 全イベント完了でラスボス戦か?

 



鬼ヶ島へ

 

勇気の剣を受け取るため、かぐや姫に会いに行くと

姫はおらず、老人が待ってました

 

「おお!!桃太郎様!!」

「たった今
かぐや姫が鬼ヶ島へ連れ去られてしまった!!」

「勇気の剣はかぐやが裏の竹林に隠していた!
早く勇気の剣を見つけてかぐやを助けて下され!
桃太郎様!!」

 

で、勇気の剣を見つけた桃太郎は、

かぐや姫を助けるため鬼ヶ島へ!

 

そして閻魔大王をこらしめるのです!!

 

???

 

それ、桃太郎の役目?

 

ラスボス、閻魔大王

 

鬼ヶ島へは勇気の剣の力で道ができます

 

桃太郎伝説-鬼ヶ島-1
<桃太郎伝説-鬼ヶ島-1>

 

そしてラストダンジョン、と思いきや

ちょっとだけのダンジョンで敵はいません

 

閻魔大王には すぐ会えます

 

桃太郎伝説-鬼ヶ島-2
<桃太郎伝説-鬼ヶ島-2>

 

ラスボス戦だけなのかな、と思っていると

「ちょこざいな!!者共かかれ!!」と言い放ち、

これまでの全鬼キャラと対戦です(雑魚ラッシュ)

 

中盤くらいまでは 一発KOできますが、

後半の5体ぐらいはダメージを受けます

 

満タン状態でラスボスには挑ませてくれません

 

そして やっと閻魔大王です

 

桃太郎伝説-鬼ヶ島-3
<桃太郎伝説-鬼ヶ島-3>

 

・・・長い戦闘です

 

“まんきんたん(全回復)”使いまくりでした

 

閻魔大王は改心します

 

勝利すると、閻魔大王のセリフです

 

「わしは今やっと目が覚めたような気がする」

「お前のおかげでわしは人間の“愛”と“勇気”を
思い知らされた!!
人間とは小さな力を大きく束ねることの
出来る生き物なのだな!!」

 

「“愛”とはその支え“勇気”とはその証
そうじゃな?桃太郎!!
力が全てだと信じていたわしは
鬼たちの成長すら妨げておったのかも知れぬ!!」

「許してくれ!!愚かなのはわしの方であった!
これからは地獄の裁判官として
世のために尽くそうかと思う」

 

「鬼共にさらわせた人たちは皆無事じゃ!!
それぞれの村に帰してやることにする!!
すぐここへ連れてこさせよう!!」

 

すると 花咲かじじい、浦島太郎、金太郎、

それと かぐや姫が出てきます

 

「桃太郎様!!
かぐやはきっと来てくれると信じていました!!
やはりあなたは素晴らしい勇気の子でしたね!」

「私の故郷では
勇気の剣を手にした者を月に招待する慣わし
牛車を呼び寄せてあります
さあ!!月へ参りましょう!!」

 

そしてエンディングへ

 

牛車がふわりと浮かんでいきます

 

桃太郎伝説-エンディング-1
<桃太郎伝説-エンディング-1>

 

そして月に到着

 

月の宮殿の中で、かぐや姫からの話があります

 

「桃太郎様 あなたをわざわざここへ
お呼びしたのは他でもありません
あなたにこれを受け取って頂きたいからです」

 

桃太郎伝説-エンディング-2
<桃太郎伝説-エンディング-2>

 

「月の世界に古くから伝わる月の水晶です」

 

「人の心は移ろいやすいもの・・・
あなたも“愛”と“勇気”を
見失う時があるかも知れません」

「その時はどうぞこの月の水晶を
夜空にかざして下さい
きっと今の心を思い出すことでしょう」」

 

「私たちもあなたの“愛”と“勇気”を
語り伝えてゆきます!!」

 

「桃太郎様・・・」

「名残は尽きませんが おじいさん おばあさんも
さぞ心配していることでしょう
早くお二人の下に帰り安心させてあげて下さい」

 

で、牛車が再び飛び上がる映像になり

ここでスタッフ紹介となります

 

その後、エンディングの続きとなります

 

桃太郎はおじいさん おばあさんの家に帰り、

いろんな話をします

 

最後に、

 

桃太郎伝説-エンディング-3
<桃太郎伝説-エンディング-3>

 

こんな感じで終わり、

「めでたし めでたし」と大きく表示され、

ゲームは全て終了です

 

すべて終えて

 

私の意見なので蛇足ですが、

長かった!

(これを読んで下さった方も 長かったでしょう

ありがとうございました)

 

そして、レベル上げが大変すぎ!

 

謎も、ノーヒントクリアは不可能ではないけど

難しいと思います(私は無理でした)

 

1987年発売なので、ゲームは誰でもクリアできる、

といった時代では無かったのですよね

 

でも、ストーリーは とてもよかったです

 

ゲームとしても “名作”と呼ばれてるでしょうね

コメント

タイトルとURLをコピーしました