3Dシューティング 実質レース/サンダーセプター

THUNDER CEPTOR-1986年(ナムコ)

疑似3Dグラフィックのシューティングゲーム

強制スクロールで画面の奥に向かって進み、

障害物を避けながら 敵も攻撃するスタイルで、

セガのスペースハリアーに似ている

スペースハリアーとの違いは、

アクセルペダルでスピード調整ができる

サンダーセプター-ゲーム画面
<サンダーセプター-ゲーム画面>

操作はアナログ式の操縦桿とアクセルペダル

そしてショット用のボタン2つ

<スポンサーリンク>


サンダーセプターをやってみる

筐体からして 体感ゲームの部類ですが、

結構マジメ(?)なシューティングです

先に進むのは かなり難しいです

障害物が難しい!

全体を通して、「伸びてくる白い柱」と

「固まって登場する隕石」がよく登場します

これらは 避けるだけのイベントなのですが、

これすら難しい!

サンダーセプター-コマンド1
<サンダーセプター-コマンド1>

自機がどこへ向かうかを掴みにくいのです

ぶつかってから、

「ああ、この位置を飛んでたんだな」と

分かります

かなりの “慣れ”が必要です

早速、2面がクリアできない!?

2面の終盤(ゴール付近)で、

サンダーセプター-コマンド2
<サンダーセプター-コマンド2>

「ああ、クリアしたんだな」と思ったら

これでゲームオーバー・・・

「えぇっ! 一度もぶつからなかったぞ?」

と私的に不満でした

これはいったい・・・?

このゲーム、実はレースゲーム

画面上部にある「POWER」のゲージがなくなると

ゲームオーバーになります

アクセルペダルで全速で飛ぶと「POWER」が

なくなると思いきや、全速で飛ばないと

ゴールに間に合わないのです

つまり「POWER」と言いつつ、

「TIME」と考えて間違いない(と思います)

<スポンサーリンク>


サンダーセプターの最後は?

残念ながら諦めました!

・・・すみません

攻略法もわからず、なんですが

とにかく “難しい”ことが最大の関門です

このゲーム、コンティニューがあればなあ・・・

4面で終わりのゲーム(のはずです)

たった 4面で終わるゲームなので

なんとかなると甘く考えてました

4面開始時です

サンダーセプター-コマンド4
<サンダーセプター-コマンド4>

「えーっ、POWERが全快しないぞ!」

という異常事態です

このゲーム、ゴールは常にギリギリなんです

POWERが全快状態からのスタートでないと

クリア不可です

しかも最終面だけあって、道は細く

障害物も多いです

いやいや それよりもまず、

POWERが全快する方法です

Youtubeのクリア動画を見てみましたが、

わからず・・・

おそらく3面の行動が関係してると思うのですが

とにかくここで諦めてしまいました

攻略がわかれば また挑戦するかな・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>