後ろを振り向きながらのレース/パワードリフト

POWER DRIFT-1988年(セガ)

疑似3Dグラフィックのレースゲーム

自車後方からの視点で 前方向へ走行していく、

今のレースゲームと同じスタイル

当時のレースゲームにはあまりなかった

“起伏”のあるコースが特徴

パワードリフト-ゲーム画面
<パワードリフト-ゲーム画面>

操作は、ステアリングと

アクセル/ブレーキの2ペダル

そして ハイ/ローだけのシフトレバー

<スポンサーリンク>


パワードリフトをやってみる

このゲームの特徴は起伏のあるコースと、

なぜか後ろを振り向くドライバーでしょう

どちらもプレイヤーを楽しませるアイデアです

5つのコースから 5つのステージ

ゲーム開始時にコースを選びます

パワードリフト-コース選択
<パワードリフト-コース選択>

A、B、C、D、E の 5つから選びます

( 1プレイで プレイできるコースは

1つだけです)

そしてそこから 5つのステージが

あるわけですが、 次のステージに進むには

3位以内にゴールする必要があります

3位に入らなければゲームオーバーです

シフトレバーの使い道は・・・

ハイとローしかないシフトレバーですが、

スタート時など加速するときに、

“ロー”である必要があるだけで、

基本 “ハイ”しか使いません

・・・と言いたいところですが、

おかしな使い方が当時はやってました

曲がり切れない急カーブなど、シフトレバーを

ガチャガチャ動かして曲がるという、

裏技(必須技?)を

みんなやってたように記憶しています

メーカー側は想定してたのかな?

“ロー”にすると あまりにもスピードが

落ちるので、通常走行中では使えないのです

なので ガチャガチャして「やや」落とすのです

<スポンサーリンク>


パワードリフトの最後は?

今回、“C”コースでやってみました

Cコースのステージ5

ずいぶん高さのあるステージです

パワードリフト-Cコースステージ5-1
<パワードリフト-Cコースステージ5-1>

コースから落下すると家(店)があります

パワードリフト-Cコースステージ5-2
<パワードリフト-Cコースステージ5-2>

細かいところも作られてますね

そしてエンディングへ

3位以内でエンディングになります

パワードリフト-エンディング
<パワードリフト-エンディング>

文字が次々と現れ、画面を埋めていきます

これで 完全終了です

エクストラステージもあるぞ!

5つのステージ全て 1位でクリアした場合、

エンディングの前に もう1ステージあります

パワードリフト-エクストラステージ1
<パワードリフト-エクストラステージ1>

「全クリしたぞ!」と油断していると、

間髪入れずに始まります

いつもの車でスタートするのですが、

この車が すぐに変形を始めます

パワードリフト-エクストラステージ2
<パワードリフト-エクストラステージ2>

アフターバーナーの自機になりました

(コースによって 2種類あるそうです)

戦闘機になっても空へ飛べるわけでもなく、

見た目だけのサービスです

このステージのクリアでエンディングと

なるわけですが、エクストラなしの

エンディングと全く同じです

いつもの車に戻ってしまいました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>