2Dゲームなのに3Dグラフィック/レイストーム

RAY STORM-1996年(タイトー)

縦スクロール型のシューティングゲーム

基本縦向きスクロールだが、3Dグラフィックを

使用してグルングルン画面が回る

しかし、ゲームの構成(仕組み)的には

通常の2D型シューティングと同じ

同社レイフォースの続編となる

レイストーム-ゲーム画面
<レイストーム-ゲーム画面>

操作は 8方向レバーと ボタン2つ

ボタンは、マニュアルとオートで使い方が変わる

マニュアルの場合、

1つ目は通常ショット、もう1つがロックオンミサイル
2つ同時押しでスペシャル攻撃

オート場合は、

1つ目は 通常ショットとロックオンミサイル
もう1つが スペシャル攻撃となる

<スポンサーリンク>


レイストームは前作のパワーアップ版

前作レイフォースから引き継いだ

ロックオンシステムも このゲームの特徴ですが、

さらにパワーアップした部分もあります

3Dグラフィックの背景

ゲームとしては 2Dなので、必要ないと言って

しまえば それまでなんですが、

これがシューティングの面白さでもあります

レイストーム-ステージ3
<レイストーム-ステージ3>

同じ時代の G-DARIUSもこんな感じでしたね

追加戦闘機

本作では 2つ戦闘機が選べます

1つ目は前作と同じ、通常ショット +

ロックオンにはホーミングレーザーで倒します

今回で追加された戦闘機は 通常ショットがレーザー、

ロックオンにはカミナリのような攻撃をします

レイストーム-雷
<レイストーム-雷>

どちらが有利、とは言えませんが 追加戦闘機は

点数が多く入りやすいです

<スポンサーリンク>


レイストーム、最後はどうなる?

全8面、長くはないがノーコンティニューは

かなりきつい (と思われます)

コンティニューは、その場で再スタートなので、

プレイドを捨てれば(?)最後までは容易です

最終ステージ8の最終ボス

最終面のボスです

レイストーム-ステージ8
<レイストーム-ステージ8>

上の場面は第2形態です

これが長かった!

ここだけでもコンティニューしまくりました

そしてエンディングへ

7面で もぐって来た通路を戻る演出です

レイストーム-エンディング1
<レイストーム-エンディング1>

そして脱出成功!

レイストーム-エンディング2
<レイストーム-エンディング2>

このあと自機をバックにスタッフロールです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>