1頭身ロボットが救世主/アトミックロボキッド

Atomic Robo-kid 1988年(UPL)

横スクロール型(縦もある)シューティングゲーム

強制スクロールではないので、

アクションゲームと言えるかも

目的地に到達することで面クリアとなります

ボス戦も時々あります

ゲーム内容・ステージ構成 共に

ナムコの バラデューク(1985)に似てます

アトミックロボキッド-ゲーム画面
<アトミックロボキッド-ゲーム画面>

操作は8方向レバーとボタン2つ

ボタンは 通常ショット用と、

ショットの種類を切り替えるボタン

ゲーム序盤はジャンプが必要なので、

切り替えボタンがジャンプ兼用

<スポンサーリンク>


難しいぞ アトミックロボキッド

やってみると、意外に難しいことに気づきます

1) 自機が大きく避けにくい
2) 敵から逃げるとこちらの攻撃を当てられない
3) ボス戦は難関

1) は、このゲームの特徴です

いまさら、の話です

2) もアクションゲーム特有の現象です

強制スクロールのシューティングであれば、

自機は前方を向いたままなんですが、

自機の向きが変わるゲームでは、

この問題はついてまわります

ボス戦は手順?

ボス戦は このゲームの難関ポイントです

アトミックロボキッド-ACT16ボス戦
<アトミックロボキッド-ACT16ボス戦>

周りの壊しポイントをすべて破壊してから

コア部分を破壊、というパターンが多いです

後半面では、さらに攻撃箇所の優先順位を

掴むことが攻略となります

アトミックロボキッドのステージ構成

面は「ACT」と表示されています

ボス戦が不定期にあり、少々不可解な部分です

もしかしたらこちらの行動で決まるのかも

ACT-3、8、12、16、20 でボス戦がありました

ボス戦の次の面は、固定画面でザコ敵と

一騎討ちという変わった面です

アトミックロボキッド-バトルモード
<アトミックロボキッド-バトルモード>

この敵を倒すだけでクリアなんですが、

運要素が大きい気がします

<スポンサーリンク>


アトミックロボキッドの最後は?

ACT20 が最終面です

全体としては、それほどボリュームが大きいとは

感じなかったです

ラスボス戦、やはり強敵

ACT16のボスと同じような敵です

ボスの周りを回って徐々に破壊ポイントを

削っていきます

アトミックロボキッド-ACT20ボス戦
<アトミックロボキッド-ACT20ボス戦>

ボスの外側を全て倒し、内部に侵入します

内部から大コアを破壊してクリアとなります

アトミックロボキッドのエンディングは?

ラスボスを倒すと 間髪入れずに

スタッフロールです

アトミックロボキッド-スタッフロール
<アトミックロボキッド-スタッフロール>

この後、キャラクター紹介となり

完全終了です

エンディングっぽいものは ありませんでした

一応ストーリーは あるはずなんだけど・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>